体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

あわてないで! 海外で飛行機が欠航、緊急着陸した時の過ごし方

天候の影響を受けやすい飛行機。遭遇したくないと願いつつも、フライトに遅延や欠航はつきもの。日本からの出発便ならまだしも、海外で欠航になるとなにかと気力や情報収集力が必要となる場合が多い気がします。

今回は、強風によって目的地とは違う空港に到着してしまった、筆者の対処例をご紹介しましょう。

■関連記事
どうしよう!飛行機に乗り遅れたときにするべき対処法

http://tabizine.jp/2015/10/11/47609/

強風による緊急着陸

慌てないで! 海外で飛行機が欠航、緊急着陸した時の過ごし方

利用したのはアメリカン航空、シカゴ→ポートランド直航便。間もなくポートランドに到着するという頃にかなり揺れると思っていたら、「強風でシアトル空港に緊急着陸します」というアナウンスがあり、まさかのシアトル到着。この時すでに夜の9時半でした。

臨時バスも手配されず、次のフライトは早朝出発

飛行機から降りて地上スタッフに聞いてみると「バスを手配してみるのでしばらくお待ちください」との説明。その場で40分ほど待ちました。しかし「申し訳ありませんが、バスの手配はできませんでした。朝6時にポートランド行きの臨時便を出すのでそれに乗って下さい」という悲惨な結果に・・・。

朝まで空港で待機するか、ホテルに宿泊するか

早朝まで臨時便が出ないとわかったのが夜10時。アメリカン航空からは空港併設のホテルの割引券が配られましたが、連絡してみるも満室。同じ飛行機に乗っていたお客さんは空港ロビーのイスで寝始める人もいれば、家族や知り合いに車で向かいに来てもらうという人などさまざま。

そうだ、モーテルに泊まってみよう

慌てないで! 海外で飛行機が欠航、緊急着陸した時の過ごし方

ひとり身であったし、空港内といえども眠っている間の貴重品の管理が心配。なによりもシャワーに入ってベッドで体を休めたい。スマホからBooking.comで空港から近いホテルを探してみると、最安値はモーテルがヒット。普段は一泊1万円くらいするようですが、直前だからか6千円。試しに泊まってみることに。一度空港を出て荷物を受け取り、モーテル運営のシャトルバスに乗ってやってきました。

存在は知っていたものの、まだ泊まったことがなかったモーテル。ちょっとワクワクです。

慌てないで! 海外で飛行機が欠航、緊急着陸した時の過ごし方

モーテルのロビー。朝食場所になるようですがやや薄暗い雰囲気。しかしフロントのお姉さんはとても親切でした。

慌てないで! 海外で飛行機が欠航、緊急着陸した時の過ごし方

映画などで見たことがあった通り、ドアを開けるとすぐベッドルーム。

慌てないで! 海外で飛行機が欠航、緊急着陸した時の過ごし方

独立型の洗面台。石鹸やタオルもちゃんとありました。

慌てないで! 海外で飛行機が欠航、緊急着陸した時の過ごし方

客室は1階。窓の外は駐車場。防犯面が少々気にはなったものの、鍵もしっかりかかり問題はありませんでした。臨時便は6時発のフライトだったので短時間でしたが、ちゃんとベッドで眠れました。チェックアウト後、シャトルバスで再び空港へ移動。カウンターで元々の搭乗券を見せて、再びチェックイン。

1 2次のページ
生活・趣味
TABIZINEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。