ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

大橋巨泉氏の偉業の一つ 『ビートポップス』の思い出

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 放送作家でコラムニストの山田美保子氏が独自の視点で最新芸能ニュースを深掘りする連載「芸能耳年増」。今回は、大橋巨泉氏が当時のテレビ界においていかに天才だったかを回想する。

 * * *
 7月12日、急性呼吸心不全のため、82才で亡くなった大橋巨泉さんの主な出演テレビ番組として、『11PM』(日本テレビ系)、『お笑い頭の体操』(TBS系)、『巨泉×前武ゲバゲバ90分!』(日本テレビ系)、『クイズダービー』(TBS系)、『世界まるごとHOWマッチ』(TBS系)などがスポーツ紙やワイドショーで取り上げられていた。いずれも、私が小中高校生時代、テレビにかじりつきながら見ていた番組ばかりだ。

 30才で放送作家の師匠・長谷川勝士氏に弟子入りした私は、師匠のお陰で、巨泉さんがセミリタイアする直前、作家の端くれとして巨泉さんが出演する番組に関わる幸せも体験できた。

 打ち合わせ中の巨泉さんには「厳しい方」という印象しかない。演者であり、作家でもあったから、細部にこだわりをもっていらしたし、殊更、「面白くないこと」にはハッキリ、その場でスタッフにおっしゃる方だった。

 巨泉さんの偉業については、既に多くの方がさまざま語っていらっしゃるが、視聴者として、そして放送作家として、もっとも下の年代だったし、下っ端にあたる立場として、私はこう思っている。「大橋巨泉さんは、音楽界、出版界、スポーツ界、旅行業界など、さまざまな業界を、テレビという媒体を介して、いち早く、お茶の間に届けてくれた方」なのではないか。いまでいう“ギョーカイ”的なものを最初に取り上げ、面白がった方でもあると思う。
 
 私がその気持ちを抱く“きっかけ”になった巨泉さんの番組は『ビートポップス』(フジテレビ系)である。スタートしたのは、1966年とウィキペディアにあったが、67年という説もある。つまり。『11PM』と同年か、その翌年のようだ。申し訳ないが、まだ小学生だった私の記憶は曖昧だし、そのウィキペディアに『ビートポップス』は、赤文字でしか記されない、つまり、「このページはまだ作成されていません」…なので、記憶を擦り合わせることさえできないのである。

 検索をかけると、何人かの方がブログなどで同番組評を書かれている。恐らく私より数歳上の方たちだと思うのは、私よりもずっと固有名詞の記憶が確かで、エピソードも詳細だからだ。

 テレビで最初にポップス(洋楽)をかけた番組だと記す方もいらっしゃれば、巨泉さんが洋楽のアーティスト名や曲名に因んで発するダジャレを記している方もいらした。この度の訃報で、「はっぱふみふみ」や「ボイン」といった巨泉さん発の流行語がずいぶん取り上げられていたが、「牛も知ってるカウシルズ」「B面にあってもエーメンとはこれいかに」に代表される、『ビートポップス』発の流行語も、そういえば、たくさんあった。

 同番組の想い出を書いていらした中のおひとりは、なぜウィキペディアに項目がないのかとも憤慨されていた。私も同感だ。

 番組内容を説明すると、『ビートポップス』は、洋楽のヒット曲をカウントダウンし、それに合わせて小山ルミや杉本エマら、いわばハーフタレントの先駆け的存在だったモデルたちがミニスカ姿になり、長い髪をなびかせながら“お立ち台”で踊っていた。

 つまり、スタジオをジャズ喫茶かディスコのようにしてしまった、本当に当時としては画期的な番組だったのである。

 洋楽のヒット曲を知る術はラジオ番組しかなかったような時代だったのに、洋楽の最新情報やアーティスト情報を知ることができたり、最新曲のレコードが流され、その曲に合わせたステップをレクチャーしてくれる…。

 私は当時、小学4年生か5年生で、ラジオの深夜放送を聞きはじめ、ハガキ投稿していたときだった。

 早熟? そのとおりだ。私は長女なのだが、当時、我が家に8歳上の親戚のお姉さんが下宿をしていたのだ。夜、我が家の電話の受話器を握りしめ、ラジオに電話リクエストをするため、暗い部屋で何度もリダイヤルしたり、ビートルズ来日の際、追っかけをしていた彼女の影響を私はストレートに受けていた。ちなみに、彼女は『ミュージックライフ』を毎号、読んでいて、アーティストに近い存在として見えていた同誌の女性編集長に対し、「ずるい」とジェラシーの気持ちを抱いていた(笑い)。

『ビートポップス』のMC席には巨泉さんの下手(向かって左隣)にその『ミュージックライフ』編集長の星加ルミ子さんが座り、上手に音楽評論家の木崎義二さんが座っていた。いま思うと、そこはMC席というよりDJボックスといったほうが近かった。

 その後にスタートする他の番組でもそうであったように、巨泉さんは初めてテレビに出演するような文化人をいじったり、スターに育て上げる天才だった。星加さんも木崎さんも『ビートポップス』で初めて名前と御顔を知った方たちだが、もうおひとり、フロアで踊っていたのは藤村俊二さんだった。若い方たちは「『ぶらり途中下車の旅』(日本テレビ系)でナレーターをしていた人?」という認識だろうが、藤村俊二さんは「振付師」。60年代、70年代は、男性のスター振付師が数多く存在していたが、テレビに顔出しされたのは藤村さんが最初ではなかったか。

 その当時、私は、土曜日、開放されていた校庭で遊ぶような“お子ちゃま”だったが「『ビートポップス』が始まる頃には家に帰ろう」と、友人たちと約束していた。間に合わないときは、学校のいちばん近所に住んでいた友人の家へみんなで押し掛け、『ビートポップス』を鑑賞。懸命にステップを覚えたものだ。

 繰り返しになるが、洋楽情報はラジオでも知ることができた。しかもラジオのほうが確実に早かったのだが、時折アーティストのミュージッククリップが流れたり、洋画スターの情報を知れたりするのは『ビートポップス』。小学生の私と、年の離れた姉や兄のいる、おマセな同級生は、『ビートポップス』の虜だった。

 いまでも覚えているのだが、小学5年か6年の「お楽しみ会」で私たちのグループが踊ったのは、ミリアム・マケバの『パタパタ』だった。それが元祖、ミリアム・マケバのものだったのか、藤村俊二が教えてくれた振りだったのかは定かではない。が、私はその振りをいまでも覚えている…。

 ゴルフや釣り、スキー、海外旅行などを世に広めた『11PM』と、洋楽をテレビで初めてあれだけ取り上げた『ビートポップス』。大橋巨泉さんは、本当にカッコイイ大先輩だった。改めまして、ご冥福をお祈り申し上げます。合掌


【関連記事】
島田紳助 若き日の“未来年表”では大橋巨泉を目指していた
「人の運の総量は決まっている」大橋巨泉が人生振り返った本
「ツーショット」と「ボイン」 語源はとんねるずと大橋巨泉

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP