ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

現在の皇室像追求の両陛下 普通の家族の姿を垣間見せた

DATE:
  • ガジェット通信を≫

「生前退位」のご意向を示されたことがNHKに報道された天皇陛下。皇室では陛下のご意向を受け入れる方向であるとも言われている。皇室典範の改定など、皇室の歴史に大きな変化を起こす、この陛下のご意向。今後、どのように動いていくのだろうか。

 振り返れば、天皇皇后両陛下はいつも、現代にふさわしい「平成皇室」の姿を希求され、変化をいとわず、柔軟で幅広いスタンスをとり続けてきた。生前退位を実現する皇室典範改正は、その総仕上げといえる。

 改革は皇太子時代からすでに始まっていた。1959年4月10日、皇太子さまは美智子さまを初の民間からの皇太子妃として迎え入れられた。当時、皇室には民間出身のお妃は前例がなく、宮中から猛烈な反発を受けた。ご成婚後も美智子さまに対する風当たりは想像を絶するものがあったが、その流れに変化をもたらしたきっかけは、浩宮さま(皇太子さま)の誕生だった。

 両陛下は親子別居が当然だったそれまでの宮中のしきたりから、現代的な家族観を取り入れられた。

「平安時代から続いた乳人制度を廃止し、生後4日目から美智子さまご自身が授乳されました。両陛下は“子育てはできる限り自分たちで”という方針を持たれていました。幼少の陛下は、3才を過ぎた頃にはご両親である昭和天皇ご夫妻から離れ、また、戦時下の疎開中にもご両親と面会されることはほとんどありませんでした。慣例であったにせよ、甘えたい盛りの子供にとっては、寂しさを覚える時間だったことでしょう。陛下の変革には、昭和天皇の後押しもあったと聞きます」(ベテラン皇室記者)

 幼少期の陛下のお気持ちは、美智子さまと築かれた家庭に表出した。

「食事はすべて専属の職員が作るのが当たり前だった時代から、お住まいの東宮御所に美智子さま専用のキッチンを設置されたのもそのひとつでした。美智子さまが作られる手料理を、浩宮さまとともに味わう。陛下は、そんなごく普通の家族像を望まれていました」(前出・ベテラン皇室記者)

 エプロン姿の美智子さまのお写真が広く公開されたことで、一般国民はより親近感を覚えた。

「少なくとも戦前まで、皇族方の日常生活やプライベートが表だって明かされる機会は少なく、それも相まって皇族という存在に神秘的で神聖な印象を持つ人は少なくありませんでした。そんな中、“普通の家族”としてのお姿が垣間見えたのには、両陛下のご意向が不可欠だったでしょう」(皇室ジャーナリスト)

 1994年10月、還暦を迎えられた美智子さまは記者会見で次のように振り返られた。

「皇室も時代とともに存在し、各時代、伝統を継承しつつも変化しつつ、今日に至っていると思います」

 そのお言葉には平成皇室を陛下とともに担われる存在として、時代に即す皇室像を作られようとする決意が滲み出ていた。

 その後も、「開かれた皇室」への改革は進められていった。2007年4月から春と秋の年2回、両陛下のお住まいである皇居・吹上御苑の一部が一般公開されたほか、陛下の傘寿を記念して、2014年12月からこちらも年2回、乾通りが公開されている。その他にも宮殿や御用邸、宮内庁関連施設の公開を推し進めてきた。それも以前の皇室であれば考えられないことだ。

 2013年11月には、陛下が従来の土葬に代わり火葬を希望されていることが発表された。同時に天皇陵(墓地)の全体の面積も昭和天皇、香淳皇后に比べて8割ほどに縮小する方針であることも明かされた。

「陛下は歴代天皇が眠る武蔵陵墓地(東京・八王子市)を訪れるたび、用地に余裕がなくなっていることを気にかけていたといいます。火葬という方法を選ばれたのも、現代社会の通例に近づこうという方向転換だったのでしょう」(前出・皇室ジャーナリスト)

撮影■雑誌協会代表取材

※女性セブン2016年8月4日号

【関連記事】
天皇皇后両陛下が私的旅行の訪問先に青森県を選ばれた理由は
被災地女性 美智子さまの「大丈夫ですよ」に奮起し店を再開
訪英終えた天皇皇后両陛下のハードな日程に体調心配する声も

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP