ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

韓国のTHAAD配備で中韓関係が蜜月から急速に悪化

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 昨年9月に北京で行われた中国の対日戦争勝利70周年記念式典や軍事パレードに西側から唯一、最高首脳として朴槿恵・韓国大統領が参加し、蜜月ぶりを見せつけていた中韓両国。だが、ここにきて急転直下、関係最悪の状態に陥っている。朴氏が米国政府の意向を全面的に受け入れて、中国が強く反対する高高度ミサイル防衛(THAAD)システムを年内にも韓国内に配備すると発表したからだ。

 怒り心頭に発した中国は7月中旬、モンゴルのウランバートルで行われたアジア欧州会議(ASEM)首脳会談に出席した李克強・中国首相が、韓国側が要請した朴氏との中韓首脳会談を拒否。このように、両国関係は急速に冷え切っており、「昨年の蜜月ぶりは何だったのか」といぶかる疑問の声が韓国メディアから出ている。

 今回のASEM首脳会談では沖縄県尖閣諸島の問題や南シナ海をめぐる問題をめぐって対立関係にあるにもかかわらず、李克強首相と日本の安倍晋三首相が会談した。会談時間はわずか30分間だったが、日中首脳会談は昨年11月以来、8か月ぶりと年に2回のペース。しかも、前回は、韓国・ソウルで日中韓の3か国の首脳会議に合わせて行われ、韓国が仲介の労を取ったように解釈できるにもかかわらず、今回中韓首脳会談は開催されなかった。

 韓国メディアによると、韓国政府は中国側に朴氏と李氏の中韓首脳会談を打診したが、中国側から「李首相の予定が詰まっており、時間がない」とけんもほろろに断られたという。

 このような両国の関係悪化は他の高官交流にも影響を与えている。7月14日に開催予定だった中国共産党対外連絡部の宋濤部長(閣僚級)と韓国京畿道の南景弼知事の会談が中国側の要請によりドタキャンとなったのだ。両国間の閣僚級会談の直前でキャンセルされるのは極めて異例。これについて、韓国メディアは「韓国政府のTHAAD配備決定に中国側が強い不快感を示しているため」と伝えている。

 さらに、中国主導のアジアインフラ投資銀行(AIIB)の副総裁を務めていた韓国産業銀行会長の洪起沢氏が6月27日に突然6カ月間の休職を申し出、そのまま辞任することになった。洪氏は今年2月に副総裁に就任したばかりだったが、今回の辞任は韓国企業の粉飾事件に絡んでのことで、純粋な国内問題だった。しかし副総裁辞任にまで至ったのは中国の強い意向が働いたと伝えられている。しかも、後任の副総裁は韓国ではなく、フランス人が起用された。韓国はAIIBに4兆ウォン(3728億円)も出資しているのに、である。

 これについて、韓国の代表紙「中央日報」は「露骨な韓国外し」であり、中国側が韓国はTHAADを配備しないだろうとの「行き過ぎた期待を抱いたのならば、失望を招く」のは当然だと反発している。

 ネット上では、「韓国は本来、西側陣営なのに、右顧左眄(うこさべん)して、中国の歓心を引こうとするからだ。まさに中韓両国は同床異夢の典型だ」との辛辣な指摘がなされている。

【関連記事】
『SAPIO』人気連載・業田良家氏4コママンガ「焼肉と国益」
米に促された岸田外相の韓国外相への平身低頭握手は屈辱的敗北
菅首相・温家宝首相の会談直前に中国が前原外相に仕掛けた罠

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。