ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

乃木坂46齋藤飛鳥「世の中で一番嫌いな人種は…」

DATE:
  • ガジェット通信を≫


J-WAVE土曜朝6時からの番組「POP OF THE WORLD」(ナビゲーター:ハリー杉山)のワンコーナー「HARRY’S ENGLISH CLASS」。ハリー杉山が乃木坂46の齋藤飛鳥に英語を教える同コーナーですが、7月23日のオンエアでは米歌手P!NK(ピンク)の「Just Like Fire」の歌詞をピックアップしました。

こちらは以前、齋藤が英語で出演者にインタビューした映画「アリス・イン・ワンダーランド/時間の旅」のテーマ曲でもあります。「Just Like Fire」は直訳すると「まるで火のように」となり、自立した強い女性の生き方を歌った曲です。中でも、ハリーが気になった歌詞がこちら。

I kick that ceiling, what you gonna say?
(私はこの天井を蹴り飛ばすわ。なんて言うのかしら、あなたは?)

No one can be just like me any way
(どうやったって私のようにはなれないわよ)

というように、とにかく強気な歌詞がかっこいいですよね。これには齋藤も、「こんな歌だったんですね!」と驚いた様子でした。そして歌詞にちなんで、ハリーからはこんな質問も…。

ハリー:ちなみに飛鳥ちゃんは、天井を蹴り飛ばしたい瞬間とかってありますか?

齋藤:あっ、ありますあります!

ハリー:ええーっ!?

齋藤:私、世の中で一番嫌いな人種がいまして…ポイ捨てする人がどうしても許せなくて。ポイ捨てしている人を見ると、天井もその人も蹴りたくなります!

ちなみに、齋藤に蹴り飛ばされたいために、握手会などで目の前でゴミを捨てても「蹴り飛ばし目的は受け付けません!」(齋藤)とのことでした(笑)。

【関連サイト】
「POP OF THE WORLD」オフィシャルサイト
http://www.j-wave.co.jp/original/popworld/

カテゴリー : エンタメ タグ :
J-WAVEニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。