体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

アートをもっと身近に感じて!長野のオススメ美術館・博物館をピックアップ!

アートをもっと身近に感じて!長野のオススメ美術館・博物館をピックアップ! 長野

アートは秋限定!? 見て、知って・・・いつ行っても感性が磨かれる

長野の美術館・博物館をご紹介!

安曇野ちひろ美術館、戦没画学生慰霊美術館「無言館」、イルフ童画館など

絵本のメルヘンからシリアスな戦史まで観賞できる見どころがいっぱい。

古今東西、様々なアートに触れて心のリフレッシュをしよう!

(※紹介施設はじゃらんnet観光ガイドから抜粋しました)

安曇野ちひろ美術館

安曇野ちひろ美術館

絵本画家いわさきちひろと世界の絵本画家の作品を展示する美術館。館内には展示室のほかに、ミュージアムショップや絵本の部屋、北アルプスを望むカフェも併設。美術館の周囲には、36,500㎡の安曇野ちひろ公園が広がり、一日のんびりと過ごすことができる。※入館証をつければ、美術館への出入りは一日自由!

\口コミ ピックアップ/

癒されます!可愛らしく、やさしいタッチの絵で、見ているだけで癒されます。美術館のまわりのお庭も雰囲気が良く、季節がらラベンダー畑があったりと、のんびり散歩できます。大自然の中にある美術館という感じで、ステキな場所です。 安曇野ちひろ美術館

住所/長野県北安曇郡松川村西原3358-24

TEL/0261-62-0772

「安曇野ちひろ美術館」の詳細はこちら

美ヶ原高原美術館

美ヶ原高原美術館

箱根・彫刻の森美術館の姉妹館。ゆるやかな大斜面のすべてが展示場として美しくレイアウトされています。13万平方メートルの草原におよそ350点の現代彫刻を展示した屋外彫刻美術館です。

\口コミ ピックアップ/

広大な敷地の中に、いろいろなユニークなアート作品が並んでいて、なかなか見応えがありました。美術館の中で絵を見るのも良いですが、こういった自然の中でアートに触れるというのも良いなあと思いました。天気も良く景色もきれいでしたし、夏でも涼しく見られ、気持ちの良い散歩にもなりました。 美ヶ原高原美術館

住所/長野県上田市武石上本入

TEL/0268-86-2331

「美ヶ原高原美術館」の詳細はこちら

戦没画学生慰霊美術館「無言館」

戦没画学生慰霊美術館「無言館」

無言館は窪島誠一郎氏により、信濃デッサン館の分館として平成9年に開館した美術館です。

第二次世界大戦中、志半ばで戦場に散った画学生たちの残した絵画や作品、イーゼルなどの愛用品を収蔵、展示しています。

\口コミ ピックアップ/

悲しい美術館。戦争で亡くなった才能ある方々の絵と、その方々の手紙や遺品などが展示されています。

切ない気持ちになりますが、改めて、今後このような人を作らないようにしなければ…という思いが強くなります。

また、平穏な生活が送れる事のありがたみを感じます。 戦没画学生慰霊美術館「無言館」

住所/長野県上田市古安曽3462

TEL/0268-37-1650

「戦没画学生慰霊美術館「無言館」」の詳細はこちら

北澤美術館

北澤美術館

19世紀末、フランスで花開いたアール・ヌーヴォーのガラス工芸品と、現代日本画を常設展示しています。

\口コミ ピックアップ/

諏訪湖畔に建つ切妻の三角屋根にクリーム色のタイル外壁が山荘風の雰囲気を

感じさせる美術館で、1階にガラス工芸、2階には日本画が展示されています。

展示されているエミール・ガレ、ドーム兄弟などの作品は、華やかな中にも繊細な色彩が表現されていてどれもガラスアートの美しさに魅了されます。

中2階にある喫茶室は諏訪湖が一望でき、ちょっとした休憩には最高です。また、1階のショップにも素敵な小物が数多くあり、楽しめます。 北澤美術館

住所/長野県諏訪市湖岸通り1丁目13-28

TEL/0266-58-6000

「北澤美術館」の詳細はこちら

諏訪市原田泰治美術館

諏訪市原田泰治美術館

諏訪市出身の素朴画家、原田泰治氏の作品を常設展示。2階ティールームからは諏訪湖の眺望が楽しめます。

\口コミ ピックアップ/

独特の風情ある絵画が良い。風情溢れる独特の画風で知られる原田泰治の作品を集めた美術館。湖岸の風光明媚な場所で彼の作品を楽しむことが出来る。諏訪湖岸美術館巡回の際には是非立ち寄りたい一館。 諏訪市原田泰治美術館

住所/長野県諏訪市渋崎1792-375

TEL/0266-54-1881

「諏訪市原田泰治美術館」の詳細はこちら

松本市美術館

松本市美術館
1 2 3 4次のページ
じゃらんニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。