ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

希望の本が1時間以内に手元に入る新サービス「NearSt」は近隣の本屋を利用

DATE:
  • ガジェット通信を≫

アマゾン・ドット・コムに代表されるオンライン書店の普及によって、本の購入の利便性が格段に高まる一方、実店舗を運営する書店は、総じて厳しい事業環境におかれてきた。

このような事業環境のもと、オンライン書店の強みでもある”在庫データの検索性”を活かしながら、地元の独立系書店と読者をつなぐためのプラットフォームとして創設されたのが、英ロンドンの「NearSt(ニア・ストリート)」だ。

・オンラインショッピングと地元商店での買い物を融合

「NearSt」は、ロンドン市内の提携書店から在庫データを収集し、一般消費者が直接、これらの在庫データを検索できるようにすることで、地元事業者と消費者をつなごうとしている点が特徴。

「NearSt」のスマホアプリやウェブサイトで郵便番号を入力し、欲しい本を検索すると、在庫を持つ最寄の店舗が表示され、オンラインで注文することができる。

注文した本は、店頭受け取りのほか、送料5ポンド(約700円)を支払えば、注文後1時間以内に、指定場所まで配達してもらうことも可能だ。

現在、ロンドン市内に実店舗を構える30以上の書店が「NearSt」と提携し、合わせて10万冊以上を網羅。

なえお、提携書店は、手数料として、本の販売収益の6%を「NearSt」に支払うルールとなっている。

・オンデマンド志向の消費者ニーズと地元事業者の持続可能なビジネスを両立させるには?

「欲しいモノを、欲しいときに、すぐ手に入れたい」という消費者ニーズは、本に限らず、様々な商品・サービスで広がっている。

「NearSt」は、“オンデマンド”を志向する消費者ニーズを満たしながら、地元事業者の持続可能なビジネスをサポートしている点が秀逸といえよう。

NearSt

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP