ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

古川もとあき×ユキショウヘイが贈るインディーSTG『ももいろアンダーグラウンド』のクラウドファンディングが実施中

DATE:
  • ガジェット通信を≫

これまでに多くの力作が生み出されてきた、インディー・シューティングゲーム。

今回、作曲家で元コナミ矩形波倶楽部の古川もとあき氏と、同人シューティングゲーム『Mecha Ritz』制作者のユキショウヘイ氏がタッグを組んだ新作インディーSTG『ももいろアンダーグラウンド』のクラウドファンディングが実施されているので、紹介したい。
 

『ももいろアンダーグラウンド』クラウドファンディングページ
 
・『ももいろアンダーグラウンド』トレーラー

 
目標金額1,000,000円のうち、2日で既に400,000円以上の支援を獲得している『ももいろアンダーグラウンド』は、PC用横スクロールシューティングゲームとなっている。一部のグラフィックとBGM以外は、全てユキショウヘイ氏の担当によるもので、古川もとあき氏は主にステージBGMの作曲と、同時発売予定のサウンドトラックに収録するアレンジバージョンの楽曲を担当するという。

7月22日(金)から9月29日(木)の期間中に製作資金を募り、目標金額達成の成否に係わらず2017年2月に製品を仕上げ、特典付きで支援者に提供する予定とのこと。

ゲームシステムとしては、前後上下に攻撃できる自機「PinkySalt」を駆り、ショットを強化して迫り来るクリーチャーたちを蹴散すというもの。また、腕前に応じて難易度が変化するランクシステムを搭載しており、シューティングゲーム初心者から上級者まで楽しめるものとなっていそうだ。
 

 
 
 
クラウドファンディングのリターンの内容として注目されるのは、支援者に配布される予定のオリジナルサウンドトラックだ。ゲーム中に流れるBGM全曲+古川もとあきによるアレンジバージョンが収録されており、アレンジバージョンにはゲストミュージシャンとして、元矩形波倶楽部ドラムの岩瀬立飛氏と、元THE SQUAREのベースで、矩形波倶楽部のアルバム参加メンバーでもある田中豊雪氏が参加するとのこと。

また、支援者へのリターンのひとつとしては、古川もとあき氏・ユキショウヘイ氏によるトークショー&ミニライブも2017年3月26日(日)に東京・下北沢で実施予定。トークショーでは、古川もとあきとユキショウヘイが、『ももいろアンダーグラウンド』の制作秘話や、シューティングゲームへの想い、ゲーム音楽について語る。

ミニライブでは、古川もとあき氏(Gt.)、岩瀬立飛氏(Dr.)、深見誠一氏(Key.)、田中豊雪氏(Ba.)、森藤晶司氏(key.)というメンバーで、『ももいろアンダーグラウンド』のBGMをバンドアレンジバージョンで生演奏を行なう。

ボスの登場演出も特徴的だ
 

今回の企画は、気鋭のインディーSTG作家×現役の作曲家のコラボということで、完成を楽しみにしたいところだ。

なお、もぐらゲームスでは、ユキショウヘイ氏が以前に制作した『Mecha Ritz』の紹介を行なっている。こちらもお読みいただきたい。

『MECHA Ritz』弾幕STGは現代アートになりうるか?フリゲで始めるSTG:第4回

『Mecha Ritz: Steel Rondo』 美しい弾幕のインディSTGがSteam Greenlightを通過。販売は5月頃を予定

関連記事:

レトロゲームのような世界!ドット絵で作られた作品展示会「Pixel Art Park」が明日開催
人気スマホゲーム『ひとりぼっち惑星』サーバーダウンで一部機能が停止
名作インディーゲームADVの配信レーベル「カタルヒト」の公式サイトが公開

カテゴリー : ゲーム タグ :
もぐらゲームスの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP