ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

やっぱり安心? 里帰り出産のメリット・デメリット

  • ガジェット通信を≫


出産までには、いろんな選択肢がありますね。出産が近づいたころに「里帰り出産」を選択するかたもいます。この里帰り出産にはメリットもデメリットもあるようです。

今回は、里帰り出産について、医師の話を聞いてみました。

「里帰り出産」とは具体的にどういうことでしょうか?

里帰り出産とは、妊娠をしているかたが、出産のためにご自身の実家に一時的に戻って、実家の近くの産婦人科などで出産を行うことです。

里帰り出産のメリットを具体的に教えてください

一番のメリットは、実家でお産ができる安心感ということでしょう。

また、妊娠後期で不眠がちになったり、初産では陣痛が始まってからいつ病院に行くべきなのか、タイミングが自分ではよくわからない、といった場合もあります。

妊娠・出産・子育ての経験のある実のお母さんがいて、いろいろと手助けをしてくれるというのは、何より心強いものです。

さらに里帰り出産では、出産前にご主人に関する日常の家事から、いったん離れて休めるということも大きいのではないでしょうか。

出産は大仕事ですから、出産後体調がよくなかったり、上に小さなお子さんがいてお世話が大変…といった場合にも、ご両親の援助を受けられるのは、とてもありがたいでしょう。

里帰り出産のデメリットを具体的に教えてください

里帰り主産のデメリットとしては、やはりもう一人の赤ちゃんの親であるご主人と離れて暮らすことでしょう。

赤ちゃんが誕生する過程をご主人と一緒に楽しみたい、と思うかたは多いでしょうし、ご主人もできるだけ早く、わが子と生活したいと感じるでしょう。

また、生活環境が変わるので、自分の家に戻るタイミングというのも問題になってきます。

飛行機などで行き来する距離がある場合、里帰りの時期や費用なども気になります。

また、里帰りする地域によっては、里帰り出産を受け入れてくれる産院があるかどうかも大きなポイントです。

今まで担当してくださった先生のもとを離れ、別の先生のもとで産むということへ、自分自身の不安がないかも、改めて考えてみましょう。

里帰り出産を行うなら、帰省時期はいつぐらいがよいのでしょうか?

里帰り出産の時期としては、一般的にはだいたい妊娠33〜34週くらいが適切だといわれています。

あまりぎりぎりになってしまうと、体にも負担がかかりますし、実際に出産をする産院の先生にも、妊娠の経過など必要な情報が伝わりにくくなりますので、ある程度の余裕をもって考えておいたほうがいいでしょう。

また、里帰り出産は、必ずできるものではなく、妊娠の経過によっては入院などで動けなくなってしまう可能性も考慮しておきましょう。

医師からのアドバイス

近年、里帰り出産は、徐々に減ってきているともいわれています。

妊娠の状況やプレママ・パパの今後の生活、実家との関係などを含め、最善の方法を考えましょう。

実家からお母様に来てもらったり、ご主人が休暇を取って二人で乗り切る、という方法をとるのもいいでしょう。

(監修:Doctors Me 医師)

関連記事リンク(外部サイト)

働き盛りの女性に、重くのしかかる“高齢出産”という名の壁
出産恐怖症。出産をするのが怖い…その心理的不安の乗り越え方とは?
夫婦の暗黒期!? 夫婦仲に危機をもたらす産後の「ガルガル期」の心構えとは。

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
Doctors Me(ドクターズミー)の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP