ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

植物と人のコミュニケーションが可能に!?世界初の植物専用ウェアラブル端末「Phytl Signs EXPLORER」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

「植物は、外界から刺激を受けると電気信号を発する」ということを英科学者のJohn Burdon-Sanderson氏が発見したのは、1873年のこと。

しかしながら、その電気信号は極めて小さく、周囲の電磁妨害によってたやすくかき消されてしまうため、長年、その性質や意味を研究するのは困難であった。

・植物の“声”が見える、聞こえるウェアラブル志向のデバイス

スイスのニヨンを拠点とするスタートアップ企業「Vivent Sárl」は、世界で初めて、植物が発する電気信号を見たり、聞いたりできる、ウェアラブル志向のデバイス「Phytl Signs EXPLORER」を開発した。

「Phytl Signs EXPLORER」は、2本の電極棒を使って植物の電気信号の音を増幅させたり、そのデータを可視化する仕組み。

電極棒の一方を地中に差し、他方を植物の葉もしくは茎に装着してデバイスにつなぐと、スピーカーを通して電子信号の音が聞こえるようになり、さらに、これらのデータをスマホアプリに転送すると、グラフなどでデータをビジュアル化することができる。

このように、電気信号によって植物の“声”が見聞きできるようになることで、作物栽培に使用する水量を最適化したり、疫病の早期発見などにつながることが期待されている。

・植物とヒトとのコミュニケーションが変わる?

「Vivent Sárl」では、「Phytl Signs EXPLORER」の2017年春からの正式発売に向けて、7万5,000フラン(約803万円)を目標額に、2016年6月30日からクラウドファンディングを実施中。

「Phytl Signs EXPLORER」は、植物とヒトとの関係性やコミュニケーションに大きな変化をもたらしそうだ。

Phytl Signs EXPLORER

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP