ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

オービス検知アプリは新型オービスにもすぐ対応

DATE:
  • ガジェット通信を≫

レンタカーなどレーダー探知機が手元にないときに重宝するのがオービス検知アプリです。おすすめは新型オービスにもさっそく対応している「早耳ドライブ」。基本無料で使用できるだけでなく、面倒な事前登録も不要です。しかも、このオービス検知アプリはiOSにもAndroidにも対応しています。

オービス検知アプリを選ぶポイント

レーダー探知機が手元にない時に、頼りになるのがオービス検知アプリです。オービスを検知するアプリは各種ありますが、選ぶべきは「早耳ドライブ」で決まりでしょう。

この種のオービス検知アプリを選ぶ際のポイントは、情報の更新速度と精度です。その点、早耳ドライブはどちらもクリアしています。

というのも、ドライバーの信頼の厚いオービス情報共有サイト「オービス・ガイド」と連携し、その情報を反映しているから。基本、無料で使えるのもありがたいところです。

オービス検知アプリは新型に即対応

例えば、埼玉県北本市と岐阜県大垣市に設置された、新型の移動式オービス。このオービス検知アプリではGPSデータを更新して即座に対応。オービスのアイコンは「i」となっています。

これで従来のオービス(監視カメラ風)と差別化しているというわけ。オービスマークをタップすると、設置地点の住所や写真が出る仕組みです。

なお、無料版では自車位置の近辺のみの情報となっていますが、拡張機能(360円)を購入すると全国のオービス位置をチェックが可能。広告を非表示にすることもできます。この情報は『ラジオライフ』2016年6月号に掲載されていました。

関連記事リンク(外部サイト)

「ケルベロス」アプリでスマホを遠隔操作!
監視アプリ「Android Lost」でスマホ遠隔操作
追跡アプリ「ケルベロス」をチェックする方法
Cerberusはスマホを遠隔操作できる最強アプリ
無音カメラアプリを無料で探すなら「忍アプリ」

カテゴリー : エンタメ タグ :
ラジオライフ.comの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP