ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Nexus 6P(2016年モデル)か? Huawei H1622がFCCの認証を取得。端末の写真も公開される

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Google Nexus 6P(2016 年モデル)と見られる Huawei 製スマートフォン「H1622」が 7 月 22 日付けで FCC の認証を取得し、端末の外観などが明らかになりました。この機種は通常の Huawei スマートフォンの型番とは異なる一方、Nexus 6P(H151X)の後続モデルのような規則性を採用していることから、ちらほらと噂されている 2016 年モデルだと推測されます。この型番はベンチマークアプリの公式サイトにも登録されており、WQHD ディスプレイや Snapdragon 820、4GB RAM、Android N を搭載していると記されていました。FCC では、端末内外の写真やマニュアルも公開されており、外観は現行の Nexus 6P とはまるで違うことが分かりました。HTC 10 っぽい外観です。下部には Micro USB(マニュアル記載情報)があり、上部には 3.5mm オーディオジャックもあります。マニュアルによると、H1622 は Micro SD カードをサポートしています。歴代の Nexus は(Nexus One を除いて)Micro SD をサポートしていないことを考慮すると、Nexus ブランドの機種ではない可能性があります。このほか、別の資料には 3,000mAh バッテリーを搭載することが記載されていました。Source : FCC

■関連記事
Googleメッセンジャーがv4.9にアップデート、Android 7.0 NougatでのAndroid Wearへのインストールを再サポート
Swiftkeyの提供元が絵文字の候補機能を備えた新キーボードアプリ「Switmoji」をリリース
Cyanogenが大規模なリストラを実施していると伝えられる、システム開発からアプリに事業をシフト

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP