体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

大人の絵本!?今話題になっている「大人も楽しめる」3冊

2016年 上半期「本部門」1位になったのは「3びきのかわいいオオカミ」という絵本。大手通販サイトでは最大1カ月待ちの状態となっているこの絵本、ツイッターの感想がきっかけで話題になったそうです。

ar(アール)
2016-07-12 発売号
めくるめく楽しみ…オ・ト・ナの絵本
Fujisan.co.jpより

 

そこで、今人気になっていて、世界でも口コミが広がる「大人でも楽しめる絵本」をご紹介します。

 

「3びきの かわいい オオカミ」

「3びきの かわいい オオカミ」
Amazon.co.jpより

お母さんの家を出た3びきのかわいいオオカミは、自分達の家を作りますが、悪い大ブタに、どんどん壊されていきます。

レンガの家はハンマーで、コンクリートの家は電気ドリルで、鉄骨の家はダイナマイトで壊される。

 

オオカミ達が逃げても逃げても大ブタは追いかけてきます。が、しかし、最後にオオカミ達が花の家をつくると…。

思わぬ展開に驚かされるも、同時に平和の大切さを考えさせられると、幸福感に包まれる一冊だと人気なんだそうです。

 

名前から想像してしまう「3びきの小子豚」のパロディーとしても興味を引いているようです。


たのしい授業
3びきの かわいい オオカミ
Fujisan.co.jpより

 

「おこだでませんように」

「おこだでませんように」
Amazon.co.jpより

小学一年生の男の子が、家でも学校でも怒られることに悩む様子を描いた絵本。

いつもいつも怒られている男の子は、「自分が悪い子だ」と思うようになっていくと七夕の短冊に、ある願い事を書くのですが…。

この短冊の話は、作者が実際に体験したもので、この話から作られたそうです。「子供の気持ちがわからない」と、子育てに悩むお父さんやお母さんが、そっと子供の気持ちを知ることが出来る一冊だと話題になっています。

1 2次のページ
マガジンサミットの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会