ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

旅行好きならマスト!画像と位置情報を融合させたソーシャルメディア「Trover」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

見知らぬ地に関心や憧れを抱き、具体的な旅行プランをつくって、実際に旅に出かけ、旅先での様々な出会いや経験を、家族や友人たちにシェア。

この一連のプロセスの随所に、旅の魅力や楽しみは溢れている。

そこで、“旅行に特化したソーシャルメディア”を標榜し、旅の楽しみや旅先で得た情報をユーザー間で共有し合うオンラインプラットフォームが「Trover」である。

・位置情報を融合させた、ビジュアル重視の旅行クチコミプラットフォーム

「Trover」は、画像と位置情報を融合させた、ビジュアル重視のユーザー投稿型プラットフォームだ。

ユーザーは、写真共有アプリ「Instagram」のようなインターフェイスから、旅先で撮影したおすすめの場所の画像をアップロードし、正確な位置情報を付加して、「Trover」に投稿する。

ユーザーからの投稿は、都市名やエリア名で検索でき、検索結果は、サムネイル画像が並んで表示されるほか、Googleマップ上にマッピングされたインターフェイスで閲覧できる仕組み。

もちろん、気に入った投稿は、画像共有プラットフォーム「Pinterest」の「ボード」に似たインターフェイスに、適宜分類して、保存することも可能だ。

また、スマホアプリ版を使えば、位置情報をベースとするスポット検索アプリ「Foursquare」のように、現在地周辺のおすすめスポットを検索できる。

・Instagram、Pinterest、Foursquareの“いいとこ取り”

「Trover」は、シンプルな操作でスマートフォンから画像を投稿できる「Instagram」、ビジュアルベースで情報を収集・整理できる「Pinterest」、位置情報をもとに近くのおすすめスポットを検索できる「Foursquare」の“いいとこ取り”を実装したようなプラットフォーム。

旅好きにとっては必携のスマホアプリといえよう。

Trover

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP