ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

レジェンダリー・エンターテイメント、ゲーム『ポケモン』を実写映画化

DATE:
  • ガジェット通信を≫

レジェンダリー・エンターテイメントが『ポケモン』シリーズの映画化権を獲得した。株式会社ポケモンとタッグを組み、同シリーズ初の実写作品として、ゲーム『名探偵ピカチュウ ~新コンビ誕生~』を映画化する。

まだ詳細は明らかになっていないが、レジェンダリーは2017年の製作開始を目指して企画を急ピッチで進めている。名探偵ピカチュウは、ポケモンの世界における新しいキャラクターであり、日本で配信されたゲームに初登場した。

実写化の契約が交わされたのは、共同所有者である任天堂の株価を25パーセントも上昇させるほどヒットしているアプリ『ポケモンGO』が配信された2週間後のことだ。拡張現実を用いたこのゲームでは、プレーヤーはポケモンを捕まえたり、バトルしたり、訓練したりできる。

『ポケモン』は、1996年に日本で発表され、2億7900万本のゲーム、215億枚のカードを74か国で売り上げ、アニメ番組は19シーズンも続いている。最近では『ポケモンGO』の登場により、再びポップカルチャーに存在感を示していた。

これまでにレジェンダリーが製作してきた作品群と同様に、日本以外での本作品の配給はユニバーサル・ピクチャーズが担当する。

株式会社ポケモンが長らく映画化で手を結んできた東宝は、映画『ゴジラ』シリーズのリブート版でレジェンダリーと提携したように、日本における配給を担当する。

レジェンダリーは、今年1月、中国の巨大エンタメ企業ワンダによって35億ドルで買収された。『ポケモン』の実写映画の契約は、7月23日(現地時間)に獲得したジェニファー・ローレンス主演の映画『Bad Blood(原題)』と、映画『The Birth of a Nation(原題)』のプロデュースと監督を務めたネイト・パーカーによる新作(タイトル不明)に続き、同社がこの1か月以内に獲得したプロジェクトの中で3番目に大きいものとなる。

契約交渉は、株式会社ポケモン・インターナショナルのドン・マクゴウワンが法律事務所グリーンバーグ・トローリグのダン・ブラック外部顧問と共に進めた。スタジオ側の代表は、マーティ・ウィルハイト、ダニエル・ファインバーグ、マイク・ロスが務めた。

カテゴリー : エンタメ タグ :
Variety Japanの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP