ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「水晶玉」越しのクリスタルな世界は現実よりも美しかった・・・

DATE:
  • ガジェット通信を≫

お気に入りの風景を水晶玉に閉じ込めた、幻想的な写真が次々にアップされるインスタアカウント「#水晶玉」。いま、じわじわブームに火がついているようです。

見慣れた景色が
まるで別モノ

球体の中に閉じ込めた世界は、天地逆さま。これは球面状の凸レンズと同じ原理で光が屈曲して写るため上下反転して見えるという訳。

水晶玉を小道具に使うだけで、日常と非日常の境界線がどこかぼんやりして見えてくる。まるで一日の長さが倍に思えるような、ゆったりとした時間の流れを感じませんか?

こんなにキレイにいくか分からないけれど、片手に水晶、片手にスマホを持って街に出てみませんか?

水晶玉を持って街に出よう

Yoshimiさん(@nanalayoshimi)が投稿した写真 – 2016 4月 30 5:22午前 PDT


kishi yoshikiさん(@cloover18)が投稿した写真 – 2016 7月 21 7:21午後 PDT



海外でも、片手に
#crystalball

Jiho Parkさん(@lillyphoto)が投稿した写真 – 2016 7月 19 9:40午後 PDT

Peter Hughesさん(@peterhughesphotography)が投稿した写真 – 2016 7月 21 12:21午後 PDT

@suge58が投稿した写真 – 2016 7月 21 6:32午前 PDT

Luciana Britoさん(@ludosmundos)が投稿した写真 – 2016 7月 18 5:10午前 PDT

Heatherさん(@mcbrookken)が投稿した写真 – 2016 7月 21 8:37午前 PDT

Reference:lillyphoto,peterhughesphotography,suge58,ludosmundos,mcbrookken
Licensed material used with permission by syuupipi,princess.nao,nanalayoshimi,nanalayoshimi,akoatcmm,cloover18,f_yyurika,k.shigemi,gogo1655

関連記事リンク(外部サイト)

リリースから5日でユーザー数65万人!世界中で話題のフィルターアプリ「Prisma」
【猫写真家が撮る野良猫シリーズ】愛を感じる「仲良し」編(5枚)
ヒマワリに星が降り注ぐ!日本人写真家による「星空アート」がロマンチック

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP