ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Google、Androidアプリの差分算出アルゴリズムをBsdiffに変更し、アップデートサイズが最大50%減に。ダウンロードサイズの表示をより正確に

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Google は 7 月 22 日(現地時間)、Google Play ストアを通じて配信するアプリのアップデート用パッチの差分算出アルゴリズムを改良したことと、Googel Play ストアにおけるダウンロードサイズの表示をより正確にしたことを発表しました。差分アルゴリズムは「Bsdiff」に変更され、Google によると、以前のアルゴリズムよりも最大で 50% もパッチサイズが減少しました。例えば Chrome の M47 → M48 へのアップデート場合、以前のパッチサイズは 22.8MB だったのが、Bsdiff の場合は 12.9MB に減少しています。パッチサイズの減少はダウンロード時間の短縮化や通信費の抑制にも繋がるので大歓迎のことです。また、ゲーム等でよく利用される拡張パッケージについては、初期サイズで最大 12%、アップデートサイズで最大 65% の減少が見られたとのことです。次のダウンロードサイズについては、アプリをダウンロードしている場合にはアップデートパッチのサイズだけになり、実際のダウンロードサイズが表示されるようになりました。現在の表示は以前からこうなっていると思います。Source : Google

■関連記事
Android Tips : ジャイロスコープの有無を確認する方法
韓国向けGalaxy Note 7のプレス画像が全色流出
YouTuneアプリのGoogle Cast利用画面に動画のサムネイル画像が表示

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP