体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

次世代の“そうめんのお供”は? ネオ薬味を探してみた

f:id:naruse_e:20160610193309j:plain

そうめんの薬味というと、ねぎ・きざみのり・わさび・大葉・ミョウガが、私のなかでは定番である。ショウガやゴマ、大根おろしなどを足す人もいるでしょう。

ところで、そうめんをアレンジした料理は次々に生まれども、新たな薬味の組み合わせというのはあまり聞いたことがありません。定番の薬味は安定感があるし間違いなくおいしいが、もう少し冒険してみてもいいのではないでしょうか?

そういうわけで、そうめんに合う薬味を探しみました。思いきって、10種類に挑戦!

そもそも薬味ってどういうものをいうの?

薬味探しの旅(というか駅前のスーパー)に出かける前に、まずは軽くリサーチ。そもそも薬味ってどういうものをいうのでしょうか。

言葉の意味を調べると、食べ物に足すことで風味を増し食欲を増進させるもの」だそう。ほうほう。って、幅広ぇ……。

ひとまず頭を整理するためにも、今回のルールを決めました。 そうめんの薬味として一般的に(私が知る限り)定着していないもの。 薬味の調理は「切る」のみ可。 すべて同じ希釈のめんつゆで食べる。

ハーブやスパイス、他の料理の薬味として定着しているものを中心にラインナップしてみました。

スタメンは、以下の通り。

f:id:naruse_e:20160610193746j:plain

葉もの部門は、パクチー、かいわれ大根、ディル、バジル。

f:id:naruse_e:20160610193757j:plain

そのほか、クミンシード、ニンニク、らっきょう、花椒醤(ファージャオ ジャン)、マスタード、紅生姜を用意しました。

このなかに新たな“そうめんのお供”になりえる薬味はあるのでしょうか?

ずらりと並べると、スメルの強いハーブが多いので、ものすごく香ってきます。これから何を食べるんだか、わけがわからなくなってくるほどに……。

① バジル

手始めにバジルからスタート。バジルを入れるだけでイタリアン風になるのではないか、という予想です。

そうめんの大葉よろしく細切りにしてみました。バジルも、まさかそうめんと一緒に食べられるなんて思ってもいないだろう。

f:id:naruse_e:20160610193902j:plain

▲そうめんに細切りバジルをオン!

見た感じは大葉みたいだけれど、ほんのりバジル。

食べてみると、バジルの香りと爽やかさが鼻を抜ける。大葉も爽やかだけど、それとはまた違った風味。

そうめんだと思って食べるとギャップはあれど、創作料理としてならアリかもしれません。

そうめんのお供度 ★★★

② ディル

続いてはディル。魚のマリネなどでよく見かけるハーブです。ディルは料理に使ったことがなかったので、まさか初めての料理(?)がそうめんになるなんて思いもよらず。

今回の薬味のなかでも、もっとも香りを強く感じました。スーパーで選んでいる時、ローズマリーやタイムとも迷いましたが、なんとなくディルの可能性に賭けてみたくなったのです。なんか、あの風味がもしかしたら合うんじゃない? と。

f:id:naruse_e:20160610194014j:plain

▲ディルは細いから細切りしなくてOKという手軽さがいい

めんつゆに入れると香りが抑えられますが、それでもディルの香りがほんのりします。

食べてみると、最初は量が多かったらしく、個性強すぎぃー!

次に量を少なめにして食べてみると、グレープフルーツとか、柑橘系の香りが後味にきます。風味付けとしてはおもしろいかもしれない。

そうめんのお供度 ★★★

③ かいわれ大根

私の場合、カツオタタキに合わせて食べることが多いのですが、かいわれ大根(+ショウガ&ニンニクすりおろしが個人的ベスト)。

そうめんに添えてみるとどうでしょう?

f:id:naruse_e:20160610194904j:plain

▲かいわれ大根の白い部分は、そうめんに擬態した

そうめんと一緒に食べてみると、シャキシャキ食感。あとから辛味が追ってきます。

もし、家にネギがなくて、でも食感がほしい! という時にはいいかも。

ネギがなくて、かいわれ大根があるというシチュエーションがあれば、の話だけれど。

1 2 3次のページ
グルメ
メシ通の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。