体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

仮設住宅に”小屋” 熊本の「ちいさいおうちプロジェクト」とは

仮設住宅に”小屋” 熊本の「ちいさなおうちプロジェクト」とは

2016年4月に発生し、大きな被害をもたらした熊本地震。今なお余震が続くなか、避難所や車中泊で避難生活を続けている人も多い。この住まいの問題を解決するため、熊本県西原村で、「板倉」という日本の伝統的な構法でつくった「小屋」に庭先避難をする試み、その名も「ちいさいおうちプロジェクト」がはじまった。被災地の復興にも、日本の森林の復興にもつながる取り組みのようすを紹介しよう。

1棟150万〜300万円、2〜3日で完成する「ちいさいおうち」

そもそもこの「板倉構法」は日本の伝統的な構法のひとつで、主に神社や米倉などで採用されてきたもの。板を3層にも重ねてつくる頑丈な建物で、人命や食糧など、大切なものを守るために使われてきた。実はこの板倉構法、仮設住宅としてもすぐれていて、(1)工期が短い(2)低コスト(3)居住性にすぐれる(4)耐震性、防火性も高い※1(5)移築やリフォーム、リサイクルが可能、(6)国産材を使うので地域経済が潤う、といったメリットがある。そのため、東日本大震災時にも福島県いわき市で仮設住宅として採用された。さらに今回、熊本ならではの事情があるという。

※1……板倉構法は、防火構造の国土交通大臣認定を取得している。

「西原村は1軒あたりの敷地が大きい。ですから、庭先に小屋(6畳・10m2畳程度)を建てて、そこで寝起きをしながら、生活再建をしてもらう。敷地内で暮らせるので心理面での負担も少なく、また防犯面でも安心。地域のコミュニティも分断されません」と話すのは、このプロジェクトの発起人でもある藤本誠一さん。西原村で藤本和想建築という建築会社を営むとともに、西原村商工会の建築部会長を務めている。

短い工期で完成する「板倉」だが、今回のように小屋キットを使えばわずか2〜3日、1棟150万〜300万円で完成するという。

「キットになっているので、大工が一人いれば、あとはボランティアなどの建築の素人でもできる。徐々に建物ができあがっていくのは、見ているだけでも楽しいものです」と解説してくれたのは、筑波大学名誉教授で日本板倉建築協会代表の安藤邦廣さん。板倉構法を現代に蘇らせ、東日本大震災でも「板倉構法」での仮設住宅建設の指揮をとった経験を持つ。

「10m2以内の建物なら建築申請も不要、基礎も簡易にすることで、スピーディにできる。小屋での避難が終わったら、趣味部屋にしてもいいし、子ども部屋、農作業小屋にしてもいい。何より木の家って安心するんだよ。いわき市での仮説住宅でも、この木の家が気に入ったと言われ、仮設住宅としての利用が終わった後に復興公営住宅として再利用する工事が進んでいるんです」という。この板倉構法、災害の多い日本で受け継がれてきた叡智(えいち)がつまった建物なのだ。【画像1】1枚の木の厚みが3cmほど。これが壁板になり、柱のあいだにはめこまれていく。その上に木の板を、縦横と方向を変えて重ねることで、防火性・耐震性を兼ね備えた建物になる(写真撮影/嘉屋恭子) 【画像1】1枚の木の厚みが3cmほど。これが壁板になり、柱のあいだにはめこまれていく。その上に木の板を、縦横と方向を変えて重ねることで、防火性・耐震性を兼ね備えた建物になる(写真撮影/嘉屋恭子)【画像2】柱を立てて、まずは3cm厚の板を落とし込んでいく(写真提供/安藤邦廣) 【画像2】柱を立てて、まずは3cm厚の板を落とし込んでいく(写真提供/安藤邦廣)【画像3】その上に2.4cm厚の木ずり板を釘打ちで張っていく。この2枚あわせで、耐震性と防火性を確保。 さらに雨仕舞や断熱性を高めるために、仕上げの板(1.5cm程度)を張る。通常の3倍の木材を使用する(写真撮影/安藤邦廣)
1 2 3次のページ
SUUMOジャーナルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。