ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

アンジャ渡部・ももクロが絶賛 小宮山雄飛のカレーレシピ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 芸能界のグルメ王、アンジャッシュ・渡部建を唸らせたチキンカレー。ももクロ、高橋みなみも「お店の味みたい」と絶賛する「ホフディラン」ボーカル小宮山雄飛のカレー。自宅で試してみたい特製カレーの作り方は意外とシンプルだった!

「じっくり煮込んだり、一晩寝かせたり…一切しません。ぼくにとってカレーはスパイスの香りを楽しむ“炒め物”。定義なんてない。カレーは自由だ!」

 東京・原宿生まれ、原宿育ち。幼い頃から父親に連れられ名店の味を覚えた。「料理好きな父はグルメ雑誌『dancyu』を創刊号から集めていて、ぼくはカレー特集であの雑誌に出たことで親孝行したかな(笑い)」。サラリと語りながらも、料理の手さばきは鮮やか。カレー粉を振り入れると、香ばしい香りが。

「スパイスの香りは脳に響くというか、集中力が高まるし癒される。皆さん、カレーを作って癒されましょう!」

【材料(3~4人分)】
鶏もも肉:400g
玉ねぎ:1個
にんにく:1~3片
しょうが:1片
トマト缶:1/2缶(200g)
カレー粉:大さじ2
水:1と1/2カップ
サラダ油:大さじ2
塩:小さじ1と1/2~2

【レシピ】
1.下ごしらえ
 玉ねぎはみじん切りにし、にんにくとしょうがはすりおろす。「しょうがもスパイスのひとつ! 皮ごとすりおろすと、よりスパイシーに仕上がります」。鶏もも肉はひと口大に切り、塩少量(分量外)を振って軽くもみ、下味をつける。

2.玉ねぎをよく炒める
 フライパンにサラダ油を熱し、玉ねぎを中火で炒める。透き通ってきたら、すりおろしたにんにくとしょうがを加え、強火で約5分炒める。玉ねぎが色づいてきたら中火にし、黄金色になるまで約10分炒める。

3.カレー粉を投入
 トマトの水煮を加え、へらでトマトをつぶしながら、玉ねぎとなじむまで混ぜ合わせる。カレー粉を加え、全体がペースト状になるまで中火で約5分炒める。

4.鶏肉を炒めて煮る
 鶏もも肉を入れ、ペーストを肉によく絡ませながらじっくり炒める。鶏肉が白っぽくなってきたら水を加え、フタをして中火で約10分煮て、焦がさないようとろみがつくまで煮る。

5.味を調えて仕上げ
 最後に味を調える。「塩は少しずつ加えて調整すると失敗しません。あれば、小さじ1/2のガラムマサラをパパッと加えて、辛みと風味をプラスしましょう」。ホロホロの鶏肉にトマトの酸味が効いたルーが絡む!

「あらかじめ色んなスパイスがミックスされたカレー粉を使うのが手軽だし、間違いない。火を止める直前に、好みの スパイスを1品加えると、香りが豊かに!」。また、味が中華風になる五香粉、パンチを足したいときはガーリックパウダーがおすすめだそう。

※女性セブン2016年8月4日号

【関連記事】
いつもの家カレーを「エスニック風」や「中華風」、「欧風」に
42才で33才の子供を持つ美魔女直伝の簡単カレーレシピ
いつもの家カレーを「給食風カレー」や「スープカレー」に

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。