ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

生前退位 ここまで陛下を追い詰めていたと国民気づく

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 国民に大きな衝撃を与えたNHKによる「生前退位」報道は、皇室を研究してきた識者らにとっても激震だった。『天皇論』(小学館)を著わした漫画家・小林よしのり氏と『皇室典範と女性宮家』(勉誠出版)などの著書がある法学者・所功氏が感じた、天皇の強い意志とは──。

小林:あのニュースが出たときはちょうど外出中で、いろんなメールがどんどん来るからびっくりして見たら、「生前退位」という言葉が並んでいたんです。生前退位となれば、皇室典範にその規定がないことは知っていたんですよ。これはとんでもないことをやってしまわれたのではないかと、身震いしました。

所:率直に申せば、陛下は悲鳴をあげておられる、それが聞こえてきたのだと感じました。いつまでも今まで通りにできるはずと、多くの国民から期待されるなかで、それが叶わなくなれば象徴天皇の機能不全に陥ってしまう、現行の皇室典範に則ってやろうとしても、できない状態を迎えておられる。そうした陛下の実情とご意向を知り得る立場にあった近くの方が、信頼できるNHKを通じて漏らしたということでしょうか。

小林:陛下自身の発言となると、政治的発言で憲法違反と批判される可能性が高いですからね。

所:ああいう形しかなかったのでしょうね。ここまで陛下を追い詰めていたのかと、国民ひとりひとりが気づかされたはずです。

小林:今回のことで、陛下は本当に疲れておられる、陛下のお望みのことをしてあげるべきだと、ここはようやく国民の合意が取れたと思うんですよ。

 陛下が譲位すれば当然、皇太子殿下が天皇になられる。すると、現行の皇室典範では天皇の直系男子しか皇太子になれないため皇太子が不在になるという問題や、結婚適齢期を迎えられる眞子さま佳子さまのために女性宮家をつくらなくていいのか、天皇の直系にあたる愛子さまはどんなお立場になるのか、といったさまざまな問題を同時に考えるしかなくなる。

 これまで皇室典範改正問題は何度説明しても理解してもらえなかったのが、陛下の生前退位によって一気に国民的関心事になった。わしのブログがアクセス多すぎてパンクしたくらいだから(笑い)。そのアイディアは見事と言わざるを得ません。

所:一方で皇室典範の改正に否定的な人々が、皇室典範には摂政という規定があるじゃないかと言い出しそうです。しかし現行の皇室典範では、高齢を理由に摂政を置くことができません。なにより側近の方々が公務の軽減を何度申し上げても、象徴天皇の務めを陛下がご自身ですべきだという強い使命感をお持ちであり、それを削減するとか、まして代行で済ますとかいうお考えはないと拝察されます。

小林:昨年8月15日の全国戦没者追悼式で、黙祷の段取りを間違えられたじゃないですか。完璧主義者の陛下にとってはショックだったはず。公務を完璧にやり遂げたいという陛下に対して、摂政を置くというのは“倒れるまで働け”と言っているのと同じなんですよ。

所:先の天皇は昭和62年秋に手術をなさり、翌63年秋には大量吐血され、明日をも知れぬ状態になられましたが、それでも摂政を置かれなかった。

 皇太子時代の大正10年(1921年)から重病の父君に代わって5年間摂政を務められた昭和天皇としては、お父上がおられるのに天皇代行をすることの難しさを経験してこられた。そのいきさつを今の陛下は十分ご存じですから、主役交代のほかにないと、そう道筋を考えられたのだろうと推察されます。

※週刊ポスト2016年8月5日号

【関連記事】
天皇陛下の「生前退位」をNHKがまず報じた理由
女性天皇を認めるなら過酷な祭祀の見直し必要と宮内庁OB
摂政を務めていた昭和天皇 「若い摂政」と国民に大歓迎された

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP