ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ドイツ・フランクフルトで絶対に行くべき必訪スポット 〜黄昏の地編〜

DATE:
  • ガジェット通信を≫

見所あり! 賑わう目抜き通りあり! のドイツ・フランクフルト。テンション高めに観光したくなる都市ですが、旅人だって人の子。ふいに我に返って旅の疲れに気付く瞬間もあるものです。

フランクフルトの街なかには、ちょっと一息つきたいときに丁度いい、オアシスが点在しています。

1. 欧州中央銀行ふもとの緑地

フランクフルト中央駅から、見所の集まるレーマー広場やハウプトヴァッへの集まる中心部まで向かうちょうど中間点にある、欧州中央銀行(European Central Bank)。周辺は一面芝、また木が林立する、心地よい緑地になっています。

ベンチもありますし、木陰で昼寝や読書をする人の姿も多く見かけます。ただし、ここでダストボックスを筆者は見つけられず…。テイクアウトのパンや焼き菓子を食べれば、ばつぐんに気持ち良さそうなのですが。

2.ツァイル周辺

フランクフルトのお洒落さん御用達のエリア、ツァイル(Zeil)。

ハウプトヴァッへ東側に広がる、アパレルショップやカフェが並ぶ、街の中心地です。

通りの真ん中には露店やベンチ、オープンスカイのカフェがあるほか、大道芸人の即席ステージにもなったりと、地元人や観光客で常に賑わっています。

それなのにどこか居心地がいいのは、多くの植林ゆえでしょうか。人の往来を眺めているだけでも楽しいエリアです。

3. マイン川の岸辺

フランクフルトの街の間を流れる、雄大なマイン川(Main)。大聖堂やミュージアムなど立派な建築が川に面して並び、どちらの岸から見る街並みも最高に美しい。

時間の流れとともに空の色や水面の様子も変わりゆく、その変化も見事です。

マイン川に架かる橋Untermainbrückeには、数多くの南京錠が架けられていました。この一つひとつにどんな願いが込められているのか……思いを馳せ、たちまち孤独をおぼえた筆者。

帰り道、思わずあおったビールが、全身の細胞の端々へしみいるようでした。メッセタワーに乾杯!

もっと詳しく読む: ドイツ・フランクフルトの必訪スポット〜黄昏の地編〜(Photrip フォトリップ) http://photrip-guide.com/2016/07/23/frankfurt-germany-twilight/

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
Photrip フォトリップの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP