体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「世界一周」と「ディズニーリゾート全制覇」が叶うルートを考えてみた

「世界一周」と「ディズニーリゾート全制覇」が叶うルートを考えてみた

旅好きの人は、やはり世界一周に憧れがあると思います。そんな中には、ディズニー好きの旅人もいるのではないでしょうか。

ということは、ディズニーを中心に世界一周すればダブルで楽しめちゃうと思いませんか?

つい先日の6月16日には上海ディズニーランドが開園したので、ディズニーを中心に世界一周するには良いタイミングだと思います。

今回は世界中のディズニーリゾートを中心に世界一周する際のルートを考えてみました。

 

ルートを決める

6625313859_cdffc2794a_b-2

photo by Stacie Stacie Stacie

ディズニーを中心に考えると。テーマパークがある上海、香港、パリ、ロス、オーランドの5都市はマスト。

忘れられがちですが、ハワイにあるディズニーリゾートも行かねばなりません。

ディズニー中心だと通常の旅行よりもお金がかかることを忘れずにルートを考える必要がありそうです。

 

というわけで、今回は一応このようなルートを考えてみました。

日本→上海→香港→タイ→インド→クロアチア→イタリア→フランス→スペイン→ブラジル→ボリビア→ペル→アメリカ本土→ハワイ→日本。

クロアチア以外のヨーロッパ3カ国とアメリカ以外は比較的物価が安く、ザ・世界一周的な国を選んでみました。

 

アジア編

<日本>

6959414702_9af47955c6_b

photo by fortherock

3148641849_4461dffd73_b

photo by Masao.M

まずは日本の東京ディズニーランドと東京ディズニーシーです。

東京ディズニーランドは、アメリカ以外で初めて出来たディズニーテーマパーク。1983年4月15日に開園しました。

テーマパークとしては、アメリカフロリダ州オーランドのウォルト・ディズニー・ワールド・リゾートにあるマジックキングダムに次いで世界第2位の来場者を誇ります。

 

ちなみに日本にあるディズニーリゾートの運営はアメリカのウォルト・ディズニー・カンパニーではありません。

日本にあるディズニーは、世界のディズニーリゾートの中で唯一ライセンス契約となっており、経営は株式会社オリエンタルランドのため、ディズニーの資本は入っていません。

 

東京ディズニーランドの大成功によって、ディズニーはアメリカ以外の国や都市に目を向けるようになりました。

東京ディズニーランド開園10周年の記念式典の際には、当時のウォルト・ディズニー・カンパニーのCEOであるマイケル・アイズナーは東京ディズニーランドをライセンス運営にしたことを「史上最大の失敗」と冗談めかして語っています。

ちなみに外国人に方々には東京ディズニーシーのほうが人気があるようです。

<上海>

27130744153_811e53e3d6_b

photo by  coconut wireless

Karla Patricia Vadilloさん(@karla_vadillo)が投稿した写真 – 2016 7月 11 9:15午後 PDT

2016年6月16日に中国の大都市上海に中国人待望の上海ディズニーランドが開園しました。

世界第2位の経済大国である中国本土初のディズニーパークというところがポイントです。

これで偽物のディズニーパークもなくなりますね。チケット代は中国人の平均給与から比較すると高めに設定されています。

 

香港も中国ですが、中国本土ということが中国人の方々にとっては非常に大きな意味を持つようです。

実際はなかなか工事が進まなかったり、数回のアトラクションの改修、費用の高騰などで開園するまではかなり問題があったようです。

やはりマナーも問題視されています。しばらく運営状況を見守るのも良いのですが、中国らしいカオス感をディズニーで体感するのも面白いかもしれません。

<香港>

2728734437_b4866a770d_b

photo by coconut wireless

8253740114_72c85d962a_b

photo by Scott Cresswell

2005年9月12日にアジアで2番目のディズニーテーマパーク、香港ディズニーランドとして開園。

ウォルト・ディズニー・カンパニーだけではなく、誘致を行った香港政府が約半分の費用を出資しています。

場所はランタオ島北部のペニー湾で、香港国際空港から地下鉄で約20分と交通の利便もよくなっています。

 

主に中国本土とマカオからの観光客をターゲットにしていて、発展を続ける東南アジア諸国からも観光客を誘致するため、チケットの価格は比較的抑えになっています。

開園からの数年間は予測されていたよりも入場者数は下回っていましたが、2012年には初めて黒字になりました。

<タイ>

DSC02519 のコピー

photo by Jun Negishi

DSC02366 のコピー

photo by Jun Negishi

日本人だけなく外国人にも人気のタイにも立ち寄りたいですよね。微笑みの国とも言われています。バンコク、パタヤ、プーケットなど人気の都市も多いです。

また、物価が安く長期滞在にも向いているので実際に世界一周された方も思ったよりも長く滞在したり、1度タイを離れてからまたタイに戻ったという人も多いようです。

友人がタイ航空のCAをやっていたのですが、タイは本当に住みやすい国だと言っていました。国民は優しい人が多いし、ご飯は安くて美味しいし、と。

1つ覚えておく必要があるのは不敬罪があるということです。不敬罪とは国王、王妃、王位継承者あるいは摂政に対して中傷及び侮辱する者、あるいは敵意をあらわにする者は何人も3年から15年の禁固刑に処分するという法律です。

現在の国王であるプミポン国王はタイ国民からの人気が凄いです。友人にも冗談でも国王の悪口を言ったらダメだと忠告されました。

<インド>

2155546710_1f934f8a13_b
1 2 3 4 5 6 7次のページ
TABIPPO.NETの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。