体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

怒涛の16ビートが炸裂するタワー・オブ・パワーの傑作『ライヴ・アンド・イン・リビング・カラー』

世界には、ブルース、ジャズ、レゲエ、ロック、ファンク、ソウルなど、数々の音楽ジャンルが存在する。しかし、グループ名がそのままジャンルとなるケースはそう多くない。今回紹介するタワー・オブ・パワーは、まさに“タワー・オブ・パワー”というジャンルを創造した現存する化け物グループだ。1970年、サンフランシスコのベイエリアからデビュー、当時はコールド・ブラッドやサンズ・オブ・チャンプリンらと並んで“ベイエリア・ファンク”と呼ばれていたが、90年代には「好きな音楽ジャンルは?」「タワー・オブ・パワー」というやりとりが成立するほど、その音楽性は唯一無二であった。本稿ではタワー・オブ・パワーがもっとも輝いていた70年代中期のライヴ盤『ライヴ・アンド・イン・リビング・カラー』を取り上げる。
『Live and in Living Color』(’76)/Tower of Power (okmusic UP's)

60年代後半のサンフランシスコ
ベトナム戦争の意味と黒人差別が全米中の問題となり、若者たちは既成の道徳や体制側の政治に大きな疑問を抱くようになる。それが1960年代という時代で、西海岸のサンフランシスコでは愛や平和をスローガンに、ヒッピー文化に代表される多くのカウンター・カルチャー(1)が花開いていく。それは当時のロッカーたちにも影響を与え、ジェファーソン・エアプレイン、クイックシルバー・メッセンジャー・サービスなどはフラワー・チルドレン(2)らの動きにも呼応し、大きなムーブメントとなっていく。
このムーブメントは自然回帰の運動とも同調し、グレイトフル・デッドをはじめサンフランシスコで活躍する多くのロックグループが、フォークやカントリーなどに影響された土臭いサウンドに転身する。しかし、黒人白人を問わず若者が集まる場所なので、ビートの効いた激しい音楽を要求する場合も多く、R&Bをベースにした白黒混合のグループも少なくなかった。その中で、ラテン風味を前面に押し出したサンタナや、ジェームズ・ブラウンとマイルス・デイビスを範にしたスライ・アンド・ザ・ファミリー・ストーンらは、まったく新しいスタイルのダンサブルなロックを創造し、西海岸のリスナーを熱狂させていた。

フィルモア・ウェストの閉館
1960年代末になると大きなロックコンサートが開かれるようになる。世界中に知られた有名なフェスと言えば、東海岸で開催された『ウッドストック・フェス』だろう。他にも『モンタレー・ポップ・フェスティバル』(‘67)、バングラデシュのコンサート(’71)などもよく知られているのだが、ひとつだけ日本では忘れられてしまったコンサートがある。それは、ビル・グレアムがオーナーを務めたフィルモア・ウェストの閉館にあたって、71年夏に1週間ほど開催された『フィルモア最後の日』だ。
これは実際にはフェスとは違い規模も小さいが、サンフランシスコの人気グループが一堂に会するライヴであった。72年には日本でも劇場公開され、併せてサウンドトラックとして3枚組のLPレコード(函入りで豪華な仕様)も発売された。ただ、権利関係のトラブルがあったらしく、それから長い期間にわたって陽の目を見ることはなかった記憶がある。ようやく、アメリカでDVD化されたのが2008年(ただし日本盤はリリースされていない)であった。この作品が他のロック映画のように何度もリリースされていれば、サンフランシスコ界隈のグループにもっと注目が集まったはずなのだが、残念ながら熱心なファン以外には知られていないというのが現状だ。

『フィルモア最後の日』に出演したミュージシャンたち
このアルバムに登場するのは、60年代から70年代初頭にかけて西海岸で絶大な人気を誇ったグループやシンガーで、グレイトフル・デッド、サンタナ、クイックシルバー・メッセンジャー・サービス、イッツ・ア・ビューティフル・デイ、マロ、コールド・ブラッド、タワー・オブ・パワー、ホット・ツナ、ボズ・スキャッグス、ニューライダース・オブ・ザ・パープル・セイジ、ラムなどであるが、現在の日本で記憶に残っているのは、サンタナとボズ・スキャッグス、そしてタワー・オブ・パワーぐらいかもしれない。

タワー・オブ・パワーの圧倒的な存在感
さて、僕がこの3枚組アルバム『フィルモア最後の日』を友達に借りて聴いたのは中学3年生の時。余談であるが、その_頃、日本では大々的なブルースブームがきていた。少し後の74年にはロバート・ジュニア・ロックウッド、スリーピー・ジョン・エスティス、ジ・エイシズなど玄人受けのするブルースマンを呼んで東京と大阪で『第1回ブルース・フェスティバル』が開催されている。僕の通っていた中学校でも、マディ・ウォーターズやアルバート・キングといったミュージシャンに人気が集まっていて、アメリカ西海岸の白人グループを聴いていると非難されることすらあった時代である。
それでも僕は密かにこのアルバムを聴いて、そのすごさにぶっ飛んでいたのだ。特に、当時はブラスロック(4)にカテゴライズされていたタワー・オブ・パワーに惹かれ、日本盤で出たばかりの彼らの3rdアルバム『タワー・オブ・パワー』(‘73)を購入し、そのカッコ良さに酔いしれる日々を過ごすのだ。ただ、ブラスロックと呼ばれることには違和感を感じ続けていたのも確かである。
その後しばらくして、日本でもタワー・オブ・パワーがブラスロックの範疇から外され“ベイエリア・ファンク”という肩書きに変わったと思う。ここでようやく僕の感じていた違和感は消え、彼らの音楽にちゃんと向き合えることになった。しかし、そうは言っても、彼らの音楽がシカゴやBS&Tらに代表されるブラスロックと比べて、根本的に異なっていることまでは理解できても、どう違うのかについては、まだよく分からなかった。
タワー・オブ・パワーも、スライのグループやサンタナと同様に白黒混合グループで、ヴォーカルとオルガンのふたりが黒人だった。彼らの音楽について、後になって認識できたのは、それまでのブラスロックが、ホーンセクションをメロディーのアクセントとして使っていたのに対して、彼らはホーンをリズムセクションの一部としても使い、独特で圧倒的なグルーブ感を生み出していたことである。
そして、彼らのアルバムは次々にリリースされ、僕にとってはどれもが名盤であり傑作であった。特に、印象的なホーンセクションだけでなく、ベースのフランシス・ロッコ・プレスティアとドラムのデヴィッド・ガリバルディの卓越した技術には心を奪われたものだ。未だに僕は彼らのアルバムを聴くたびに鳥肌がでまくるのだが、これはファンなら誰しもが間違いなくそうだと思う。中でも、前述の3rdアルバム、4thの『バック・トゥ・オークランド(原題:Back To Oakland)』(‘74)、5thの『オークランド・ストリート(原題:Urban Renewal)』(’74)、6thの『イン・ザ・スロット』(‘75)までの4枚は甲乙付けがたい秀作揃いで、彼らの代表作群として今も多くのファンに愛されている。

1 2次のページ
エンタメ
OKMusicの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会