ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

舞台『パタリロ!』殿下役に加藤諒 「恐縮ながら、ボクが演じさせていただきます」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

魔夜峰央さんの漫画『パタリロ!』の舞台化作品が、全キャストおよび主人公・殿下のビジュアルを解禁した。

【関連:テレビのタブーを破った伝説アニメ『パタリロ!』 スペシャルプライスDVD-BOX発売へ】

本作は先に舞台化が発表された際、まさかの作品のまさかの舞台化とあって大きな反響をあつめた。本作は原作漫画が白泉社・花とゆめで1978年に連載開始。その後掲載誌を何度かかえ、現在も絶賛連載中の作品だ。
内容はというと、パタリロ(殿下)が国王を務めるマリネラ王国を舞台に、パタリロとその周辺を巻き込んだドタバタギャグに留まらぬ幅広い内容になっている。時にシリアスあり、小説なみのミステリーあり、BL要素もありありという具合に。

さて、本題に戻ると今回発表されたのは、主役・パタリロ殿下に『あっぱれさんま大先生』で10歳でデビューした加藤諒。加藤はこのところテレビ出演が特に増えているが、舞台についてもライブ・スペクタクル『NARUTO-ナルト-』秋道チョウジ役など複数の作品に出演しキャリアは充分に積み重ねている。

今回の主演、そして殿下役について当の加藤は「先日舞台化の発表がありまして、インターネット上では加藤諒がパタリロ役ではないか、という意見を多数お見受けしました。そうです、恐縮ながら、ボクが演じさせていただきます☆」と控えめながらも楽しげにコメント。

そして他には美少年・マライヒ役に佐奈宏紀、MI6のエージェント・バンコラン役に青木玄徳が決定。二人ともミュージカル『テニスの王子様』などに出演している人気若手俳優だ。舞台『パタリロ!』は東京・紀伊國屋ホールにて12月8日から25日に上演。その他詳細については公式サイト他で順次発表される。

【スタッフ】
脚本:池田鉄洋
演出:小林顕作

【キャスト】
<パタリロ>加藤諒
<マライヒ>佐奈宏紀
<タマネギ部隊>細貝圭、金井成大、石田隼、吉本恒生
<魔夜メンズ>佐藤銀平、吉川純広、三上陽永、柴一平※Wキャスト 香取直登※Wキャスト
<バンコラン>青木玄徳

※魔夜メンズとは?:魔夜峰央の世界観全てを表現することが出来るスペシャリストに与えられた称号。別名、スペシャルエキストラ。

(c)魔夜峰央/白泉社(別冊花とゆめ・メロディ・花LaLa online)

関連記事リンク(外部サイト)

ロンブー田村淳が田中聖に抜き打ち「薬物検査」を実施 一部始終ノーカット放送
アニメ開始したばかりの『チア男子!!』初の舞台化 本田礼生と古田一紀がW主演
ミュージカル『刀剣乱舞』、嚴島神社での奉納行事 特別公演が決定

カテゴリー : エンタメ タグ :
おたくま経済新聞の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP