ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【調布】夏バテ対策に!ガッツリとスタミナをつけたい時の肉料理おすすめ4選

DATE:
  • ガジェット通信を≫

炭火焼の美味しいホルモン焼きが食べられる

【新鮮ホルモン豚風】健康カクテルもおすすめ

調布駅の北口から歩いて5分の場所にあるホルモン焼きのお店です。炭火で焼いたホルモンは、レバーや豚タンといった単品もあれば、6種類の盛り合わせもあるので美味しいホルモンを食べたい人におすすめです。味噌で焼いたホルモンや40cmのウィンナーもあります。お酒は、黒烏龍ハイや月形のトマトハイといった健康カクテルも用意しています。席はカウンターとボックス席があります。

ホルモンをたくさん食べたいなら6種盛りがおすすめです。

ホルモンは炭火で焼くのでどんどん食べられます。

ホルモンと冷たいビールはたまりません!

新鮮ホルモン豚風

調布 / 焼肉・韓国料理 平均予算: 4000円 アクセス: 東京都調布市布田2丁目 35-2 花重ビル1F

新鮮なホルモンがたっぷり食べられます。

【ホルモン きんたろー】もつ鍋のコースは飲み放題つき

調布駅東口から徒歩2分の場所にあります。刺身にもできる新鮮なホルモンは、焼肉の他にもつ鍋でも食べられます。串焼きや牛もつ煮込みといったビールやハイボールに合う料理を用意しています。飲み放題つきのコースもあります。席は、個室にもなるお座敷のほかに、一人でも利用がしやすいカウンター席もあります。スタミナをつけたいときに気軽に利用ができます。

宴会におすすめなホルモン食べ放題!

熱々のもつ鍋も夏におすすめの料理!

料理のおともにはビールかハイボールを!

焼肉 ホルモン きんたろー 調布店(http://www.hotpepper.jp/strJ000746632/)

調布 / 焼肉・韓国料理 平均予算: 平日1500円3時間飲み放題。2F座敷30名貸切空間。10or18名個室。 アクセス: 東京都調布市布田1-49-19

本格的な韓国料理が食べられるお店

【韓国家庭料理 はんめんち】お座敷なら宴会にも利用ができる!

西調布の駅から歩いて2分の場所にあります。サムギョップサルやキュサンプルコギといった本格的な韓国料理が食べられます。肉料理だけでなく、野菜がたっぷり入った海鮮プルコギやビビンパ、スンドゥブチゲも人気があります。お酒は生ビールや日本酒がおすすめです。席は座敷とテーブルがあります。宴会や貸切もできますよ。

キュサンプルコギは〆のチャーハンも美味しい!

海鮮チヂミとチャミスルの相性も○

ビビンパやスンドゥブチゲも旨い。

はんめんち(http://www.hotpepper.jp/strJ001110473/)

調布 / 焼肉・韓国料理 平均予算: 2500-3000円 アクセス: 東京都調布市上石原1-24-30 2F

ヘルシーだけどスタミナ満点

【串えん。】焼鳥に合うお酒の種類も豊富!

甲州街道沿いにある串えん。焼鳥をはじめとした串焼きの素材が大きく食べ応えがあることで有名です。牛肉や豚肉はちょっと重いかなという方は、ボリューム満点の鶏肉で元気をつけてみては?お肉メニューだけでなくアボカドとモッツアレラチーズのトマトサラダなど野菜メニューもおすすめです。焼鳥に合わせて飲みたいビールやサワーといったお酒のメニューも充実しています。

ボリューム満点の串焼き。

ネギとレバーはスタミナをつけるのにはもってこい。

もちろん各種お酒も充実です!

串えん。(http://www.hotpepper.jp/strJ000724891/)

調布 / 居酒屋 平均予算: 3,000円(通常平均) 4,200円(宴会平均) アクセス: 東京都調布市調布ケ丘1-34-5 タカラビル1F

肉料理でスタミナをつけよう

夏バテを乗り切るためには、しっかり栄養を摂ることが大事です。食べると元気になれる肉料理はスタミナをつけるのにもおすすめです。調布周辺にも美味しい肉料理が食べられるお店があるので、調布に行かれた際には食べに行ってください。

※本記事は2016/07/22に公開されています。記事に書かれている内容は現在異なる場合がございますので、最新の情報は直接店舗にご確認ください。

関連記事リンク(外部サイト)

【大人女子必見】渋谷で絶品肉料理が楽しめるお店おすすめ10選
【サラリーマンの聖地・新橋】焼酎の品揃えが豊富なオヤジ好みの居酒屋おすすめ10選
【目にも楽しい!】フォトジェニックな料理&お酒が楽しめる池袋のおしゃれ居酒屋おすすめ4選

HOT PEPPER グルメ WEBマガジンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP