体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

世界一周経験者17人によるクレジットカードとキャッシュカードの使い方まとめ

世界一周経験者17人によるクレジットカードとキャッシュカードの使い方まとめ

世界一周をしてる旅人達は、どうやってお金を管理してるのか疑問に思いますよね。今回は世界一周経験者に海外旅行のお金の管理について、特にクレジットカードや国際キャッシュカード、デビットカードの種別と使い方についてお聞きしました。

 

【世界一周経験者に聞いてみた】というシリーズでは、世界一周のルートや予算などの準備から経験談など、年齢・性別・職業バラバラな世界一周経験者の皆さんに答えて頂いています。

世界一周に興味がある人、行こうと思ってる人にはとっておきの内容なので、是非チェックしてみてくださいね!

*編集部追記
2015年7月の記事に、新たに4名分を追記しました

 

TABIPPO代表 清水直哉

shiminao
世界一周に持って行ったのは、国際キャッシュカード1枚、クレジットカード1枚、トラベラーズチェック5万円、現金5万円くらいでした。

国際キャッシュカードはめちゃくちゃ便利ですが、モロッコではATMに吸い取られて出てこないことが何回かあり、そのせいで無一文になって途方にくれたこともありました。

 

現金を守り切れるならそれがベストかなと思います!!お金は「意識して気を付ける」これに尽きます。すられる、騙される、盗まれるなど被害はたくさんありますが、

ほとんどが意識の問題でどうにかなることが大多数で、大金を盗まれている人は意識が甘い人がほとんどです!

 

前田塁

ruimaeda

世界一周目はJALカードVISAを使っていました。世界一周航空券を買うときのみ金額の上限を上げて、普段は30万円/月の範囲内で旅をしていました。

結果的に、マイルはかなり貯まって帰国後はJMBサファイア会員にランクアップしました。クレジットカード関係でトラブルはなかったですが、いま振り返るとクレジットカード2枚にしておいた方が安全だったと思います。

現金の引き出しについては、みずほ銀行の国際キャッシュカードを使っていました。基本的には、新しい国に着いた時にATMで多めにお金を引き出して残りはドルか次の国の通貨に両替するスタイルです。

 

いつもポケットにある程度のお金だけ突っ込んで残りは全部バックパックに入れて厳重にカギをかけて宿に置いてました。宿で泥棒にあう可能性もなくはないですが、外で盗られる可能性よりはだいぶ少ないと思ったためです。

あとは、20ドル分のお金を全部で2か所くらいに分散して、靴底や、バックパックの隠しポケットや、上着の内側などに入れておきました。

日本に帰ってから、本当に色んなところから20ドルが出てきて我ながら結構用心深かったな、と笑いました。

 

小泉翔

koizumi

お金に関しては大変でした…国際キャッシュカードのように、海外に出ても現金をおろせると勘違いしていたJALカードにキャッシングのサービスがついておらず、10万しか持ってなかった現金が底をつく。

[Western Union]という世界各国にある銀行で、海外にも現金を送金できるサービスがあるのを知る。でもその窓口が日本にはなく(笑)、親に留学中のアメリカの親友の口座に現金を送金してもらう。

1 2 3 4 5 6次のページ
TABIPPO.NETの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。