ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

余った餃子で「ギョウザニア」!?気になるハイブリッドメニューに挑戦

DATE:
  • ガジェット通信を≫

2014年に『はなまるマーケット』(TBS系)で紹介されたギョウザニアってご存知ですか?

そう、餃子とラザニアという異国料理のハイブリッドメニューなんです。
自分じゃ絶対に考えつかないこのメニュー、本当に美味しいのかどうか実際につくって確かめてみましたよ!

【関連:人をダメにするフレンチトースト『カステラフレンチトースト』つくってみた!これは美味すぎ…】

■つくってみたよ

材料は冷凍餃子かチルドの餃子、ミートソース、シュレッドチーズ、余った野菜(今回はナス)などです。餃子は昨夜の夕食の残りを使っても、もちろんOK。

餃子、ミートソース、シュレッドチーズ、余った野菜(今回はナス)

作り方はとっても簡単。餃子を焼いたら耐熱皿に並べ、上にミートソースをドバっとかけます。あらかじめレンジで加熱して火を通したナスを並べたらシュレッドチーズをかけて180度のオーブンで10分から15分加熱しチーズがとろっとしたら出来上がりです!

餃子を焼く

一緒に入れる野菜を刻む

耐熱皿にどばっと盛ればOK

もしオーブンがない場合には、レンジで2~3分ほど加熱しチーズがトロッとしたら皿ごと魚焼きグリルに入れて表面をかるく焦がすことでも似たように作ることができますよ。

■餃子がホントにラザニアみたいになった!

中華料理である餃子とイタリアの田舎料理であるラザニアがいったいどうやって融合するのかと心配でしたが、なるほど、餃子の皮がラザニアのパスタの役割を果たしてばっちり“ギョウザニア”に変身していました!

たしかに餃子の中身はパスタにも合うニンニクやミンチ肉が入っているために合わないはずがないわけです。さらに大きなスプーンを豪快に入れてすくい上げると、チーズとミートソースの間からパリッと焼いた餃子の香ばしさが覗いて何とも言えないボリュームある肉厚な味に大満足でした。

大人が食べても美味しいんですが、お子さんが好きなものが全て入っちゃっているので、あまりの暑さでお料理するのが辛い日にはぜひつくってみてくださいね!

(文:大路実歩子)

関連記事リンク(外部サイト)

やめられない止まらない!と評判の「塩キャベツ」に挑戦 マジでうまーーーー!
じわじわ人気の「車麩の唐揚げ」つくってみた もちもちサクサクで大満足
わさびラバー歓喜の「わさび油」が何でも合って風味抜群!

カテゴリー : エンタメ タグ :
おたくま経済新聞の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP