ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ビンでも缶でも使えるビアサーバー「Fizzics」で暑い夏を乗り切ろう

DATE:
  • ガジェット通信を≫

梅雨があけると、日本列島に灼熱地獄がやってきます。

38℃は当たり前・・・。とっても暑い日々が続きますよね。い、いやだ。

そんな暑い中、ビアサーバーで飲むビールは最高。家では味わえないのでビアホールにわざわざ出向いてビールを味わうことも。
サーバーで飲むビールを家で飲めたら・・・イイですよね。

・お家で手軽にビアホール


ということで、家でも手軽にビアホール気分が味わえるガジェットが「Fizzics」なんです。

特殊な泡を発生する装置がついていて、飲みたいビールをFizzicsの中にいれるだけでOK。ビンでも、缶でも、なんでも使えます。

コロナのビアサーバーが現実になる・・・だと?

・うまい泡を飲みたいか

すると、自宅で手軽にビアサーバーの完成!(当然だけど)キメ細かい泡を作る装置が内蔵されていて、とっても美味しそう!

お財布に余裕のある家庭は、有名銘柄のビアサーバーを導入したりできますが、これならご当地ビール、クラフトビールでも使えるのがとっても嬉しいですね。

Fizzicsは、169$(約1万8000円)。クラウドファンディングINDIEGOGOで出資を募っていて、すでに300%超えの出資が集まり商品化が決定しています。

Fizzicsとお気に入りのビールで、暑い夏を乗り越えましょう。

詳しくはコチラ→Fizzics: Your Favorite Beer on Tap. | Indiegogo

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP