ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

PL野球部史上最長在籍部員 黒土にうずくまり嗚咽漏らした

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 甲子園制覇7回、春夏通算96勝を誇るPL学園野球部が“廃部”に追い込まれた。12人の3年生の中に、かつて当たり前だった特待生はいない。いわば普通の高校生である彼らはこの1年、「超強豪校の最後の部員」の看板を背負う重圧と戦い続けてきた。PLに起きた異変を2年にわたって追いかけてきたノンフィクションライター・柳川悠二氏が、「最後の夏」への軌跡をレポートする(文中敬称略)。

 * * *
 夏の大阪大会初戦で東大阪大柏原に敗れた瞬間――即ち1956年創部のPL学園野球部が60年の歴史に幕を閉じた瞬間から、すでに15分が経過していた。

 試合後、ベンチ前で真っ先に報道陣に囲まれた3年生の記録員・土井塁人の周りには、もう誰もいなくなっていた。労いの言葉をかけようと近づくと、土井の方が先に口を開いた。

「史上最弱と言われながらも、選手達は精一杯戦ってくれました」

 他のナインより1歳上の土井は1年時に血液のがんの一種である「急性リンパ性白血病」を患い、およそ半年間、入院生活を送った。

 医師からは骨髄移植を勧められたが抗がん剤治療を選択。学園の「退部して勉強に専念するなら進級は可能」という提案も拒否し、留年を決めた。大好きな野球を続けるためである。

 最上級生となり、規定によって公式戦に出場することはできないが、今ではPL史上、最も長い時間をグラウンドで過ごした部員となった。普段の練習ではコーチのような存在でもあり、試合中は記録員を務めながら野球経験のない監督を助ける参謀的役割を担った。

「勝たせてあげることができなくて申し訳ないです」

 その時である。往年の高校野球ファンなら誰もがそらで歌えるPL学園校歌がスタンドから聴こえてくる。

〈ああ PL PL〉〈永遠の学園 永遠の学園〉

 土井は黒土にうずくまって嗚咽を漏らし、しばらくして次の言葉を絞り出した。

「せめて一回だけでも……一回でいいから、仲間と校歌を歌いたかった」

 昨秋と今春の大阪大会で、いずれも初戦敗退している62期生は、公式戦未勝利のまま7月15日の東大阪大柏原戦に臨んだ。

「目標は甲子園です」

 主将の梅田翔大をはじめ、12人の部員は一様に球児なら当然の目標を口にしていた。だが、まずは1勝して「校歌を歌う」のが現実的な目標だった。7度の全国制覇を誇る名門が、未勝利で1年を戦い終えたことなどこれまで一度もない。

 2014年4月に入学した3年生は入学当初から多くの困難に直面していた。一つ上の世代までは学園が積極的に選手勧誘を行い、特待生を受け入れていたものの、62期生には特待生が一人もいない。全員が一般入試で入学してきた生徒だ。

 野球経験のある監督もいなかった。2012年に暴力事件が発覚し、当時の監督が辞任。以降は2代に渡って学園の校長が監督を兼任した。ある選手は言う。

「僕らは『すぐに後任監督は決まる』と聞かされていました。だから入学したんですけど、いつまで経っても決まらない。裏切られたという思いはありました」

 2014年10月、学園は「2015年度からの部員募集停止」を発表し、2016年夏の「休部」が既定路線となっていった。

※週刊ポスト2016年8月5日号

【関連記事】
TBSの名物番組『プロ野球をクビになった男たち』が書籍化
野球部「廃部」のPL学園 受験生が「28人」しか来なかった
廃部危機のPL野球部 大人に頼らず部員の間だけに芽生えた絆

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。