ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

親友の6割超が学生時代の人 「1万円以上貸してと言える」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 学生時代なら親友と呼べる友人の1人や2人いたかもしれないが、社会人になるとそうもいかないだろう。ましてや、結婚して家事や子育てに追われることも多い女性ともなれば、友人関係も希薄になりがちだ。

 そこで、全国の30才から69才の女性200人を対象にインターネットでアンケートを実施(実施期間は7月5日から3日間、調査機関:カクワーズ)。「あなたは現在、『親友』と呼べる人が何人いますか?」と質問をしたところ、「0人」という回答が37.5%でトップ、続いて「2人」が21.0%、「1人」が17.5%、「3人」が15.5%、「4人」が5.5%だった。

 ちなみに、「親友」がいると回答した女性を対象に、「その『親友』とは何年ぐらいのおつきあいですか?」と尋ねたところ、「30年以上」が36.8%、「25~29年」が14.4%、「20~24年」が14.4%、「10~14年」が15.2%、「5~9年」が5.6%だった。やはり長いつきあいの「親友」が多いということのようだ。

 さらに「その『親友』とはどんな関係の方ですか?」と聞いたところ、もっとも多かったのが「高校の同級生や部活などの仲間」で26.4%、続いて「中学校の同級生や部活などの仲間」が13.6%、「小学校の同級生」が12.8%、「大学のゼミやサークルの仲間」が11.2%という結果になった。「ママ友」は8.0%、「結婚後に知り合った友人」は8.8%と少数派。

 6割以上が学生時代からの友人が「親友」という結果で、やはりつきあいが長くないと「親友」とは呼べないようだ。ちなみに、「幼馴染」は3.2%でレアケースといえそうだ。

 なお、どんな人が親友かを聞くと「この人には嫌われたくない人」(40代)や「長いブランクがあってもすぐに親しく話し合える人」(60代)や「いざというときに1万円以上貸してといえる」(50代)といったコメントも。

※女性セブン2016年8月4日号

【関連記事】
38才事務女性 32才男性2人から同時に告白「二股でいいから」
高橋真麻を落としたIT社長 「結婚前提」で真剣さアピール
「隣家の長男の受験」理由に妻が夫に沈黙強要 イビキも厳禁

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP