ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

大人の街・日本橋にある落ち着いた雰囲気&美味しい焼肉店おすすめ4選

DATE:
  • ガジェット通信を≫

肉の切り方や食べ方にもこだわり

【焼肉専科肉の切り方日本橋本店】これぞ高級、席から日本庭園

近江牛を一頭買いし、部位ごとに切り方を変えて肉が最高に美味しく食べられるようにして出しています。お店イチオシのサーロインは、1mmの厚さに薄切りし、網であぶって食べるなど焼き方や食べ方にもこだわっています。席からは、美しい庭園が見え、個室なら接待や会食にも使えます。和風な雰囲気が高級感を醸し出しているお店です。

新鮮だからこそできる厚切りのハラミ。

切り方にもこだわりがあり、サーロインは1ミリというごく薄にカットしています。

日本庭園が見られる席がおすすめです。

肉の切り方 日本橋本店

日本橋 / 焼肉・韓国料理 平均予算: 宴会7500円/通常5000円 アクセス: 東京都中央区日本橋室町1-12-15 テラサキ第2ビル1F

アジアンテイストの店内はデザイナーがデザイン

【CHARCOAL(チャコール)】肉は料理長が厳選して仕入れを徹底

デザイナーがデザインした店内は、アジアンテイストでおしゃれな空間で、女性が入りやすい雰囲気のお店です。料理長が選んで仕入れする肉は、カルビもロースも口の中でとろける位柔らかく脂の旨みが感じられます。ビビン麺や冷麺といった麺類やサラダや生春巻きのサイドメニュー、杏仁豆腐などのスイーツも充実しています。

肉は料理長が自ら選んでいます。新鮮さにこだわっています。

分厚くカットした特選ロースは、肉の旨さを堪能できます。

木目調のおしゃれな店内です。

チャコール CHARCOAL(http://www.hotpepper.jp/strJ000119166/)

八重洲 / 焼肉・韓国料理 平均予算: 5500円 アクセス: 東京都中央区八重洲1-5-15

デートにも接待にもOKな落ち着いた雰囲気

【薩摩焼肉黒桜】鹿児島牛を一頭買いして、希少部位も提供

カウンター席、テーブル席、個室とあり、デート、接待、宴会と全て対応ができます。肉は、鹿児島産のA5ランクの黒毛和牛を一頭買いしています。ロースやカルビはもちろんザブトンやミスジといった希少部位も食べられます。黒桜ロースは数量限定なので、早めに注文するのをおすすめします。鹿児島産の牛肉に合う鹿児島の焼酎を揃えています。

黒桜ロースは数量限定!

鹿児島牛と合わせたい焼酎が揃っています。

カウンター席もあり、デートにもおすすめです。

薩摩焼肉 黒桜 日本橋(http://www.hotpepper.jp/strJ001126783/)

水天宮前 / 焼肉・韓国料理 平均予算: 5000円 アクセス: 東京都中央区日本橋蛎殻町1-18-2 中野オイスタービル B1F

サシがしっかり入ったA5ランクの黒毛和牛の焼肉が食べられる

【梨の家八丁堀店】レトロで落ち着いた雰囲気の店内!

店内はレトロな雰囲気で、個室も人数に応じて対応することができます。肉はA5ランクの黒毛和牛にこだわり、カルビやサーロイン、焼きしゃぶ用の薄切りリブロースとサシが肉にしっかり入っています。口の中に入れるととろけていきます。ホルモンや岩手の地鶏もあります。サイドメニューではモッツレラカプレーゼやバーニャカウダを提供しています。

国産和牛にこだわっています。

薄切りリブロースの焼きしゃぶは、A5ランクの黒毛和牛を使っています。

個室もあるので会食にもおすすめです。

梨の家 八丁堀店(http://www.hotpepper.jp/strJ000245579/)

八丁堀 / 居酒屋 平均予算: ランチ:1200円 ディナー:6000円 宴会:6000円 アクセス: 東京都中央区八丁堀2-21-6 八丁堀NFビル1F

高級焼肉は雰囲気も意識して

高級なA5ランクの黒毛和牛や上質な和牛は、なかなか食べることができませんが、ボーナスが出たり特別なときには贅沢をしたいですよね?高級な焼肉店は、インテリアもおしゃれなところが多いので自分へのご褒美にもおすすめです。個室があるお店なら接待や会食にも使えます。贅沢したい時や大人の雰囲気で焼肉を食べたいときは、日本橋まで行ってみましょう。

※本記事は2016/07/22に公開されています。記事に書かれている内容は現在異なる場合がございますので、最新の情報は直接店舗にご確認ください。

関連記事リンク(外部サイト)

【同僚や友人と気軽に楽しむ!】新宿にあるカジュアルな立ち飲みバルおすすめ4選
【大人デートに使える】新宿で雰囲気抜群のおしゃれ個室がある居酒屋10選
【日本酒・焼酎と一緒に】美味しい刺身が食べられる新宿の居酒屋おすすめ10選

HOT PEPPER グルメ WEBマガジンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP