ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

世界有数の楽園、南インドの秘境ケララで魅惑のハウスボートトリップ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

インドというと人によってはある種鮮烈なイメージをもつ国ですが、そんなインドにもリゾートという名の楽園は存在します。

実はこれから紹介するケララ州という場所は世界有数の高評価観光地として知られ、過去にはアメリカの有名誌ナショナルグラフィックトラベラーズマガジンの「世界中の10の楽園」と「死ぬ前に見たい50の場所」に選ばれた場所でもあるのです。

ここでは昨今「ハウスボートトリップ」というのが観光客に大人気。今回はインドの新しい楽しみ方に迫ってみたいと思います。

ケララ州って一体どこ?

ケララ州はインドの南インドに位置し人口は3480万人であり40パーセントがキリスト教徒で占める土地。そのためか街並みが北インドとは大きく異なり、西洋の雰囲気すらも感じる場所があるほどです。そんなケララは識字率はインド内ナンバーワンであり、治安は比較的穏やかであるというのも旅をする上で嬉しいポイントのひとつ。

■関連記事
【インド現地ルポ】ラダック地方のカラフルな僧院「へミスゴンパ」を観光

http://tabizine.jp/2016/06/07/80805/

アレッピーへの行き方


(C) Saya Meguro

今回ご紹介するのはケララ州のアレッピーという美しい自然がいまなお残る水郷地帯。日本からだとLCCでクアラルンプールを経由すると実は往復6万円ほどで来れてしまうケララ州ですが、コーチ国際空港から快適のエアコン付きバスに乗り換え3時間ほど移動するとアレッピーに到着します。

ハウスボートの予約方法、そして気になる値段


(C) Saya Meguro

ハウスボートの予約はbooking.comなどの日本語対応サイトからも可能ですが、現地のjettyという船場へ行き直接交渉したほうが安く、そして数ある中から好みのボートを選ぶことができるので現状は後者の方法をとる人が多いようです。季節やボートの種類によって変動はありますが値段は一泊二日のコースだと一室料金でランチ、ディナー、ブレイクファスト込みで8000ルピーで豪華気分を味わえてしまうのも物価の安いインドの魅力(※2016年7月20日時点1INRー=1.57円)。

■関連記事
【インド】100年以上の歴史を持つ巨大洗濯場「ドービーガート」

http://tabizine.jp/2016/06/03/70699/

船の中は・・・?


(C) indoworldtours

船の中は基本的に二階建て構造となっており、一階が共有スペース・専属シェフが使うキッチン、二階が客室となっています。部屋もエアコン、シャワー室完備の清潔な部屋が用意されており、窓の外からはどこまでも続くジャングルを一望できます。なんでもこのハウスボートは「ハネムーンボート」とも呼ばれているらしく、新婚の甘い時間をふたりだけで過ごしたいカップルには打って付けのこのボートトリップ。

耳をすませば鳥のさえずりが聞こえ、そっと目を開けると辺り一面に生い茂るヤシの木と燦々と照りあげる太陽、そして青い空。時間を忘れ、ただただ自然と向き合い過ごすひとときは、日々の忙しさを忘れ全てをリセットする良い機会になるのではないでしょうか。大切な人と過ごすのも、ご褒美に一人で楽しむのも、はたまた家族でゆっくり過ごすのもよし。どちらにしても忘れられない一生の思い出になりそうですね。

※2016年7月現在、インドは地域により外務省から渡航注意が出ております。渡航検討の際は、必ずご確認ください。

[india online page.com]
[Haana]
[NATIONAL GEOGRAPHIC:Editor’s Letter: 50 Places of a Lifetime]
[Booking.com]
[GO KERALA!:ケララ州へ日本から一番安く行く方法!]
[indoworldtours]
[Photos by Shutterstock.com]

■関連記事
意外と簡単に行けるかも!?地球最後の秘境、南極海に浮かぶデセプション島

http://tabizine.jp/2016/01/22/54315/

関連記事リンク(外部サイト)

【日光】リピートせずにはいられない!女子会にもぴったりな「あさやホテル」
まさか◯◯のCMだったなんて!衝撃のクオリティに隠された秘密とは?
天草で体験する大人の癒し!心も体もきれいにしてくれる感動ホテル

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABIZINEの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP