体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【激ウマ】サバ缶みたいな骨までホロホロのサバ水煮を作って「ご馳走ひっぱりうどん」を作った!【料理解析】

f:id:Meshi2_IB:20160526220853j:plain

サバ缶を作ってください!

「サバ缶を再現してください!」と私。

「買えば良いでしょ!」と妻。

「ソレで究極のひっぱりうどんを作ってください!」

「だからサバ缶買ってきて納豆入れて『ひっぱりうどん』作れば良いでしょ!」

「作ってみたらば、何かしら見えてくることもあるカモしれないじゃぁないですか!」

「ひっぱりうどん」は美味しいのだ

「ひっぱりうどん」は山形県の郷土料理。釜、または鍋で茹でたうどんをサバ水煮缶、納豆、ネギ等で作ったタレというか具にからめていただく。釜から直接ひっぱりあげて食べるから、納豆が糸を引くから等、名前の由来は諸説あるそうです。

我々夫婦は山形の出身ではないのですが、ある日妻がテレビで紹介されていたのを真似て作って以来のお気に入りの食べ方に。

で、話は戻って。

「缶詰の魚の骨ってスゴいよね。食べるとすぐにホロっと砕けちゃって。家の煮魚もこんな風にならんもんスかね」

「簡単よ。圧力鍋で煮ればいいんだもん」

「え、ホントに? じゃあさ……サバ缶を再現してください!」

というわけで冒頭の会話に続くわけです。

なんだか「料理解析」の記事の為に、無理やりひねり出してる案のように見えなくもありません。

まったくもってその通りなのですが、果たしてどのようになることやら。

サバの水煮は自作がおススメだべし!

f:id:Meshi2_IB:20160526220854j:plain

結論からいえばこのようなことに。

作ってみたらば、コレが比べものにならないくらい美味しい。

高級なサバ缶の味はワタクシ、知りませんよ。

あくまで安価なサバ缶と妻自作の「缶詰にはなっていないけど、骨までやわいサバの水煮」を食べ比べてみた感想を言っておるのでございます。

とにかくサバの水煮は自作がおススメなのです。

さあ作ろう! やれ作ろう!

f:id:Meshi2_IB:20160526220855j:plain

「骨までやわいサバの水煮」の材料は サバ二枚おろし2匹分(半身4枚) 昆布出汁の素 大さじ1 塩 適量 水 適量

f:id:Meshi2_IB:20160526220856j:plain

サバを食べやすい大きさ、半身を約5等分ぐらいに切る。

f:id:Meshi2_IB:20160526220857j:plain

両面に塩をひとつまみずつふります(これはサバの臭みとりのため)。

1 2 3 4 5 6次のページ
グルメ
メシ通の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。