ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

汗拭きシートの使い過ぎはNG!臭わない汗をかく人になろう

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ベトベト、テカテカと汗が気になる季節ですね。ベトつきも嫌だし、そのままだと臭ってきそうだから、せっせと汗ふきシートで拭いちゃう人も多いのでは? 清潔志向の高い昨今の男女にはマストアイテムですが、実は拭き過ぎも良くないんです。

夏になると手放せない汗ふきシート

さっと取り出して使え、肌のベタつきを解消し汗の臭いも抑えてくれる汗ふきシートは、この季節にありがたいアイテム。ハンカチやハンドタオルはかさばるし、ちょっと脇や足には使いにくいもの。汗ふきシートなら使い終わったら捨てられるし、首回りでも脇でも足の指でも使えちゃう。メリットだらけのような気がしますが……。

汗ふきシートの使い過ぎは逆効果だった!

首回りや脇など、1日に何度も同じ場所に汗ふきシートを使うと、スッキリはしてもお肌にはよろしくないのです。肌をサラサラにするための成分であるジメチコンという化学物質は、シャンプーでいうシリコンのようなものですが、皮膚に蓋をしてしまうので日常的に使うと毛穴詰まりを起こす危険があります。また臭い対策やスッキリ感を得られるエタノールやアルコールは、保湿に必要な皮脂まで拭き取ってしまうため肌荒れや乾燥肌を引き起こす可能性が。バリア機能が壊れた肌は正常に汗をかくことができなくなって、逆に臭いの原因になることもあるのです。

臭わない汗をかけば良い!

汗ふきシートを使うのは1日1回~2回くらいに抑えて、臭わない汗をかく体づくりを目指しましょう。汗をかいても臭いが気にならないのは気持ち的にも楽です。普段から汗をかかない、代謝が悪い人は汗の中の成分が濃く出るために雑菌も繁殖しやすく臭いが気になります。よく汗をかいて代謝が良い人は汗もサラサラで臭いません。体を冷やさない、できれば入浴をしてお風呂で汗をかく、しっかり水分を摂ることで、臭わない汗をかける人になります。

サラサラでいたい夏ですが、汗ふきシートや洗顔シートは上手に使って、良い汗をかくことを忘れずに過ごしましょうね。

writer:しゃけごはん

カラダにキク「サプリ」の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP