ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

T.M.Revolution、YEN TOWN BAND…今年20周年を迎えるアーティストが続々

DATE:
  • ガジェット通信を≫

今年デビュー20周年を迎えたT.M.Revolution西川貴教さんが、20周年関連事業を企画・運営する「株式会社突風」を設立したことが話題になりました。今年は積極的にテレビに出演し、『HOT LIMIT』などのヒット曲を歌う西川さんの姿を目にする機会も増えています。そんな西川さん以外にも、今年デビュー20周年を迎える人気アーティストはまだまだいます。

YEN TOWN BANDが20周年で本格再結成 夏フェスでライブも

映画『スワロウテイル』(1996年公開)の劇中バンドとして、主演のCharaさんを中心に小林武史さんプロデュースで結成されたYEN TOWN BAND。『Swallowtail Butterfly ~あいのうた~』の大ヒットなどで知られています。昨年ライブを行ったり、新曲をリリースしましたが、結成20周年になる今年、本格的に再結成。シングル『my town』、アルバム『diverse journey』をリリース。『my town』は、石原さとみさんが出演する東京メトロのCMのCMソングになっています。

また『ミュージックステーション』(テレビ朝日系)にも20年ぶりに出演し、7月31日(日)、宮城県で行われるフェスイベント『Reborn-Art Festival × ap bank fes 2016』に出演します。映画公開から20年経っても根強いファンが多い作品、そしてバンド。今後さらなる積極的な展開を楽しみにしたいものです。

参議院議員選挙で注目された今井絵理子 SPEEDとしてのデビューから20年

先日行われた参議院選挙で比例区で自民党公認で出馬し見事当選した今井絵理子さん。彼女がガールズグループ・SPEEDのメンバーとして活躍していたのは有名な話ですが、そのSPEEDがシングル『Body & Soul』でデビューしたのが1996年8月。丸20年となります。当面再結成は難しいかもしれませんが、大人の女性になった彼女たちのボーカルを改めて聴ける時を楽しみにしたいところです。

人気アーティストのプロデューサーブームの中、奥田民生のプロデュースでデビューしたPUFFY

20年前、1996年の音楽シーンは、前出の小林武史さん、そして小室哲哉さんを中心に“プロデューサー”ブームの真っ只中。人気アーティストが新人女性歌手をプロデュースするケースも目立ちました。そんな中、奥田民生さんのプロデュースでデビューした女性二人組ユニット・PUFFY。『アジアの純真』『渚にまつわるエトセトラ』などの大ヒットで知られています。最近は当時のような新曲を次々と発表する状況ではなくなりましたが、マイペースで活動、昨年末にはシングル『パフィピポ山』をリリース。今年も音楽番組特番などに二人で出演する機会が増えています。

また天才と名高い岡村靖幸さんのプロデュースにより『愛の才能』でデビューしたソロシンガー・川本真琴さんも今年デビュー20周年。今年は恋愛スキャンダルでワイドショーを賑わせていましたが、音楽でも20周年での盛り上がりに期待したいものです。

エイベックス期待の男女ユニットとして20年前にデビューしたEvery Little Thing

この時代、小室哲哉さんプロデュース楽曲の大ヒットで大躍進したレコード会社がエイベックス。小室プロデュースアーティスト以外にも、独自で新人を続々と生み出していました。その代表格がEvery Little Thing。ボーカル・持田香織さんと、今ではバラエティ番組でも人気のギタリスト・伊藤一朗さん、そして結成時はリーダーでプロデューサーの五十嵐充さんとの3人組でした。デビューシングル『Feel My Heart』がリリースされたのは1996年8月7日。まもなく丸20年です。ELTのほかにもFavorite Blueなど、この頃のエイベックスは女性ボーカリストをフィーチャーしたユニットを次々とデビューさせていました。

バラエティで人気のKABA.ちゃんはアーティストデビューから20周年

一方、小室ファミリーブーム絶頂だったこの年、小室プロデュースのボーカリストやユニットがデビューしていますが、その一つが3人組ユニット・dos(デイーオーエス)。その中でダンサーとして活躍したのがKABA.ちゃん(当時はkaba)。今ではバラエティタレントというイメージのほうが強いですが、実はダンスの名手で振付師でもあるのです(SMAPの『世界に一つだけの花』はKABA.ちゃんの振付というのは有名な話)。

仲間由紀恵さん、ともさかりえさんが歌手デビューしたのも20年前

また以前このコーナーでご紹介したように、女優業とともに実は歌手デビューもしていた仲間由紀恵さん。シングル『MOONLIGHT to DAYBREAK』で歌手デビューしてから今年で20周年になります。同じく、当時女優としてすでに人気者になっていた、ともさかりえさんが『エスカレーション』でCDデビューしてから20年になります。仲間さんもともさかさんも今は歌手活動はしていませんが、劇中歌など機会があればまた歌声も聴いてみたいものですね。

また、女優の木村佳乃さんが女優デビューしたのは1996年。NHKドラマ『元気をあげる~救命救急医物語』でいきなりの主演デビューでした。デビューから20年経った今も、デビュー当時からの瑞々しく凛々しい雰囲気は損なわれることなく、正統派から、今年出演した『僕のヤバイ妻』で見せた、文字通り“ヤバイ”恐怖の妻役まで幅広い役柄を演じる女優になりました。

昨年20周年のglobeがスペシャルアルバムやオーディション企画などさまざまな20周年企画を行い、今年はT.M.Revolutionさんが20周年記念事業を実施したり、YEN TOWN BANDが本格再結成したり。来年以降もこうしたベテランアーティストの「○周年企画」や、「○周年再結成」などのイベントが出てくれば音楽ファンにとっては大歓迎ですね。

文/田中裕幸

関連記事リンク(外部サイト)

綾瀬はるか、竹内結子から、波瑠、高畑充希まで…「実は歌手デビューしていた」人気女優
「ちゃん・リン・シャン」「チューして」可愛すぎる懐かしのCM(女優編)5選!
筆頭はやはり福山雅治!?ミュージシャンと役者の両立について考えてみた!

カテゴリー : エンタメ タグ :
日本タレント名鑑の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP