体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

Lady’s and Gentleman!ふれあい、音楽、歩きのタンゴセラピーを介護現場に!

アイキャッチ

みなさんはじめまして。 NPO法人日本タンゴセラピー協会の理事をしております、中川と申します。現在、東京7施設、名古屋1施設の介護施設でタンゴセラピー活動を行っております。

タンゴセラピーという言葉を初めて聞く方が多いかと思いますので、今回はタンゴセラピーとはいったいどういうものなのか、また、タンゴセラピーが高齢者にどのような影響を与えるのかお話したいと思います。

そもそもタンゴって何?

画像1
今から約130年前、アルゼンチンの首都ブエノスアイレスと、ウルグアイの首都モンテビデオの間を流れるラ・プラタ川沿いで生まれた、様々な国の要素が折り混ざった音楽、踊りの文化をアルゼンチンタンゴと言います。その後ヨーロッパに渡り、パリで大流行しました。全世界で公演された「タンゴ・アルヘンティーノ」は、日本でも1987年に公演され、大盛況となりました。この伝統的な文化、アルゼンチンタンゴは、2009年にユネスコ無形文化遺産に登録されています。

タンゴと聞くと、激しく情熱的なペアダンスをイメージされる方が多いと思います。タンゴには、タンゴショー用の「ステージタンゴ」、そして老若男女誰でも親しめる「サロンタンゴ」の2種類があり、タンゴセラピーは、サロンタンゴをベースにしています。

テレビなどで紹介されるタンゴショーの踊りとは違い、サロンタンゴは背筋を伸ばしつつゆったりと肩の力を抜いて、相手を感じて踊ります。タンゴの音楽では、蛇腹楽器「バンドネオン」の切ない音色が象徴的で、代表曲「ラ・クンパルシータ」は日本でもよく知られています。

タンゴセラピーが介護に適している理由

タンゴセラピーには、健康に効果があるたくさんの要素があります。その中でもタンゴ特有のものが、下記4点です。
音楽に合わせて動く(身体的・精神的健康・回想療法)

タンゴセラピーに使う音楽は音色が優しく、アルゼンチンタンゴの曲の中からリズムを取りやすい曲を選んでいます。85歳以上の高齢者の方は、戦前・戦後にタンゴを踊ったことがある方もいて、アルゼンチンタンゴの曲は馴染みやすいようです。立つことが難しい方でも、音楽に合わせて座ったまま手を取り、一緒にステップを踏むこともできます。楽しく踊っていた一番楽しかった頃の思い出を話される方も多いです。
★リズム運動は、セロトニンというホルモンの分泌を促し、気持ちのバランスを整えます。

抱擁、ふれあい(精神的健康)

抱擁やふれあいは、日本人にあまり馴染みがないため、苦手としている方が多いのではないでしょうか。最初は緊張したり、恥ずかしがられる方もいらっしゃいますが、アルゼンチンの文化ということで、気持ちを切り替えられ、ハグされる方も多くいらっしゃいます。

タンゴセラピーでは、無理に踊りに誘うことはせず、座ったまま手をとってお話を聞いたり、座ったままハグや手をつないで音楽に合わせて揺れるなど、いろいろな方法でふれあいます。最初と最後の挨拶の時にも、その方に合わせたふれあいを大切にしています。
★抱擁や触れ合いには、オキシトシンというホルモンの分泌を促し、幸せな気分や、安心感、満足感が得られます。

歩く(身体的健康)

歩くことは健康にいいと言われていますが、体が不自由になってきたり、気持ちが不安定になると、散歩に出るのも億劫になりがちです。タンゴセラピーでは、杖や歩行器具ではなく、ダンスのパートナーと共に歩きます。普段歩くことのない横や後ろへの一歩や、いつもより少し大きめの一歩は、脳の活性化につながるだけでなく、普段使わない筋肉のリハビリにもなり、楽しくモチベーションを持って続けることができます。

出会い・再会(社会的健康)

タンゴセラピーでは、たくさんの方にボランティアとして参加いただいています。そこには、たくさんの出会いや再会があります。ご参加者の方は再会を楽しみにし、おしゃれをして来られる方も少なくありません。社会とのつながりを感じられる瞬間です。

1 2次のページ
認知症ONLINEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。