ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Action Launcnher 3で大規模なアップデートが実施。Android Marshmallowベースの内容に刷新され、Google Nowパネルも統合される

DATE:
  • ガジェット通信を≫

スワイプジェスチャーでホーム画面から直接アプリや他の端末機能にアクセスできる「Action Launcher 3」で大規模なアップデートが行われました。まずはアプリのベースが Android 6.0.1 に含まれている Launcher3 に刷新され、例えばアプリの一覧では高速スクロールが使用できたり、ウィジェット選択画面が新しくなるなど、利便性が向上しています。また、root 化済みの端末の場合に限り、Google Now ランチャーのように、Google Now パネルを表示することが可能になりました。なぜ root 端末だけなのかというと、Google Now パネルはプリインストールされたホームアプリでないと表示できないからです。このほか、QuickTheme でリアルな黒を選択できるようになり、Android 6.0 以上においては Quickdrawer を無効化にしたり、ステータスバー上のアイコンを反転(ダーク系のカラーリング)に変更したり、Google アプリ経由で曲名検索を実行できるショートカットや天気予報を検索できるショートカットを追加することも可能になっています。「Action Launcher」(Google Play)

■関連記事
iPhone上でAndroidが動くスマートフォンケース「Mesuit Case」が中国で発売
ソフトバンク、社員全員にスマート体組成計とパーソナルカラダサポートを提供へ
「名探偵コナン公式アプリ」のAndroid版でアニメ配信が開始

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。