ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Google Daydreamにサムスンの元VR担当副社長が参画

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Googleが開発を進めているハイエンドなスマホVRプラットフォームDaydream。その開発チームGoogle VRにサムスンでVR向けの動画配信プラットフォームを担当していた元副社長Matt Apfel氏が加わりました。

同氏は2016年3月までサムスンにてVRコンテンツ担当の副社長を務めていました。サムスンでは360度動画配信プラットフォームである『Milk VR』(日本では未配信)に携わりました。

Googleが推し進めるDaydreamは、2016年秋のローンチを目指しているスマホ向けVRのプラットフォーム。対応スマートフォンとヘッドマウントディスプレイにより、高品質なVR体験が可能になるとしています。

2016年5月の発表では、YouTubeを始め様々なコンテンツがGoogle Play Storeより配信されるとの情報がありました。

なお、Googleは、自身でも試験的にスタジオを立ち上げVR向けの360度動画『Special Delivery』や『Pearl』、『Help』などを制作しています。また、実写の360度動画撮影を推進するための『Jump』と呼ばれるプロジェクトも立ち上げています。

Apfel氏の参画により、Daydream向けに主に没入感の高い360度動画配信のプラットフォーム整備がさらに進むと考えられます。

(関連記事)
GoogleのスマホVRプラットフォーム『Daydream』とは

Googleの新プラットフォームDaydreamが加速するVR普及 ― すんくぼのWeekly VR第3回

(参考)
Former Samsung Vice President Joins Google Daydream Team
http://uploadvr.com/samsung-apfel-google-daydream/

※米UploadVRはMogura VRとパートナーシップを結んでいます。

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Mogura VRの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP