ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ポケモンGOと相性抜群!伝説のウェアラブルディスプレイ「Vufine」 が日本での正規販売を開始

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Kickstarterで目標額の約5倍、2500万円相当の達成に成功した眼鏡装着型ハンズフリーウェアラブルディスプレイ「Vufine」が、日本国内で正規販売されることになった。

「Vufine」の正式販売窓口は、これまで自社のホームページのみ。USドル決済で、アメリカ本国から全世界へ配送してきた。しかし、日本国内で並行輸入品を直輸入として販売している事例が散見。さらに価格も高額だったため、日本での正規販売窓口をオープンするに至ったという。

・眼鏡に装着するだけのシンプルさ

「Vufine」は、micro HDMIで他のデバイスと接続する、高解像度のディスプレイ。シンプルで実用的かつ良心的な価格で、世界中のユーザーから絶大な支持を得ている製品だ。

スマートフォンやタブレット、GoProやドローンに接続し、その映像を目の前で見ることが可能。720pのHDMI入力が可能であれば、デバイスの種類は選ばない。眼鏡に装着するだけという、手軽さもポイント。他にもカンファレンスやランニング、精密機器の仕様書や料理中のレシピ検索など、アイディア次第でさまざまな使い方ができるようになっている。

・正規販売品は早くも在庫切れ!

価格は199ドル(約2万1300円)の本体価格に、日本への送料分を加えた2万5800円。90日間の保証期間と、日本人担当者によるサポートも受けられる。

販売窓口はAmazonが担当しているが、早くも在庫切れの状態。再入荷まで待つしかないかも……。

Vufine

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP