ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

名作インディーゲームADVの配信レーベル「カタルヒト」の公式サイトが公開

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ソニー・インタラクティブエンタテインメントや任天堂など、国内でも様々な企業がパブリッシングを始めているインディーゲーム。
コンシューマ機での展開も可能となっている昨今、インディー開発者にとっての間口は広くなりつつある。

任天堂、インディーゲームの祭典「BitSummit」に出展!Wii U・ニンテンドー3DSの計14タイトル

PlayStation Indiesのセールが開催中!対象作品を同時購入で30%OFF

そんな中、『レジェンドオブレガシー』等を開発したフリューが、インディーズゲームの中でも「アドベンチャーゲーム」に注目した新レーベル「カタルヒト」をオープンした。


カタルヒト 公式ページ
 

カタルヒトとは

インディーズアドベンチャーの良質な名作を掘り起こし
ニンテンドー3DSで配信していくプロジェクトレーベルです。

今までの家庭用ゲームにはなかったような斬新な作品を選りすぐり
広く一般の方が手軽に本を読むかのように気軽にダウンロードし、
いつでもどこでもニンテンドー3DSで楽しんで頂けることをコンセプトとしています。

今後も様々なインディーズ作品を発掘し配信していきます。
(公式サイトより引用)

 
ローンチタイトルは『ひぐらしのなく頃に』などの大ヒット作を生んだ竜騎士07氏の『彼岸花の咲く頃に』。ある館にまつわる、歴史を超えた重厚な物語が展開される『ファタモルガーナの館』。そして人気ライトノベル『狼と香辛料』の支倉凍砂氏がシナリオを描く、月面都市に生きる少年の「金融冒険SF」という異色の英雄譚『WORLD END ECOMNOMICA』の3タイトルだ。どの作品も多くのファンを抱えるものだけに、今回のニンテンドー3DSでの配信は楽しみにしたいところだ。


『WORLD END ECOMNOMICA』
 

 

『ファタモルガーナの館』
 

 

『彼岸花の咲く頃に』
 

関連記事:

レトロゲームのような世界!ドット絵で作られた作品展示会「Pixel Art Park」が明日開催
人気スマホゲーム『ひとりぼっち惑星』サーバーダウンで一部機能が停止
ニンテンドー3DS向けインディゲーム『Back in 1995 64』の制作が決定!「BitSummit 4th」の任天堂ブースにてプレイ可能

カテゴリー : ゲーム タグ :
もぐらゲームスの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP