ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

HTC Vive、マーケティング部門強化 独自ストアの構築か

DATE:
  • ガジェット通信を≫

HTC Viveは、MicrosfotとAmazonでマーケティングを要職で担当したRahl Sandli氏を”VRストア”のためのグローバル・マーケティング担当副社長として採用しました。

今回、HTC Viveの副社長に就任するRahl Sandil氏は、Amazonでビデオダイレクトサービスのスマーケティング責任者やMicrosoftのXboxチームで顧客獲得等を担当してきました。

今回のSandli氏の所属は「VRストア」となっていますが、現在HTC Vive向けコンテンツはSteamを通じて配信されています。一部の国では、別途Vive Portと呼ばれるコンテンツ配信プラットフォームを立ち上げており、今後HTC Vive直轄のプラットフォームが世界的に展開されるかもしれません。

2016年7月22日現在、Steamで配信されているHTC Vive向けのコンテンツは300を超えています。

(関連記事)
HTC、VRスタートアップ支援プログラムVive Xを発表。支援額は総額1億ドル規模
HTC、VR/AR/MR分野に投資するVCを集めた100億ドル級のアライアンスを発表

(参考)
HTC Vive Finds New VP of Marketing in Former Xbox, Amazon Executive – UploadVR
http://uploadvr.com/htc-vive-vp-marketing/

※米UploadVRはMogura VRとパートナーシップを結んでいます。

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Mogura VRの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP