体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

夏はやっぱりアイスクリームだ! サーティワン アイスクリームでお仕事体験! 【突撃!バイト体験レポート】

サーティワン1
こんにちは! ライターのノジーマです。
学生の皆さんはいよいよ夏休みですよね!
夏休みのうちにガッツリとアルバイトをしたいという人も多いのではないでしょうか。

せっかく夏にアルバイトをするなら、夏ならではのアルバイトをしてみたいですよね。
そこで今回は「やっぱり夏といえばアイスクリーム!」ということで、あの『サーティワン アイスクリーム』でお仕事体験をさせていただくことにしました!
%nbsp;

体験当日は気温35度超の猛暑日に……

サーティワン2
それにしても暑い……暑すぎる……。
体験をさせていただくことになった日は、なんと最高気温35度超の猛暑日に……。
まだ午前10時の段階で猛烈な日差しが照りつけてきます。
まあ、絶好のアイスクリーム日和ということですかね……!
暑さに負けず、頑張っていくことにしましょう!
 

ユニフォームに着替えていよいよ体験スタート!

サーティワン3
今回お邪魔したのはサーティワン アイスクリームのひばりヶ丘駅前店。
駅から非常に近い店舗で助かりました……。
まずは今回いろいろと指導していただく東海林(しょうじ)さんの手を借りながらユニフォームに着替え、いよいよサーティワンでのお仕事体験がスタートです!
 

手洗いは念入りに! 衛生面の配慮がスゴい!

サーティワン4
飲食のお仕事ですから最初は当然手洗いからスタートとなります。
ところが、今までにもいろいろな飲食のお仕事を経験してきましたが、サーティワンの衛生面の配慮はスゴい
かなり念入りに手洗いを行うことになっていて、その手順がしっかりとマニュアルで決められているのです。

サーティワン5
爪の間も専用のブラシでしっかりゴシゴシと。
アイスは器具を使って盛り付けたりするので、手で直接食材に触れることはないはずなのですが、それでもここまで念入りに手洗いをするんですね。
仕事をする側も、とてもフレッシュな気分で働けるような気がしてきます!
 

すぐに接客業務も開始! メニューはしっかり覚える必要アリ!

サーティワン6
手洗いが終わると、アイスクリームの説明を簡単に受けてからすぐに接客業務をスタートすることになりました。
飲食のお仕事だとホールとキッチンで担当が分担されているケースがほとんどですが、サーティワンにはホールとキッチンの境目はありません
接客をした人がそのままアイスクリームを盛り付けたり、簡単な調理をすることになるので、お客様に対して愛想よく接客することがサーティワンでのお仕事の基本となるわけですね!

サーティワン7
まず最初に任されたのは、アイスクリームをすくったスプーンをお客様に配って味見していただく『テイストスプーン』というサービス。
サーティワンはなんといってもアイスクリームの種類が豊富なので、これはお客さまにとっては嬉しいサービスですよね!
基本的にはおすすめのフレーバーを積極的に配るのですが、お客様からリクエストがあれば希望にあわせたフレーバーを配ることもあるそうです。

そして、実際に来店されたお客様にもどんどん配っていきます。

サーティワン8
調子に乗ってお客様にアイスクリームをどんどん配っていると、あるお客様からこんなことを聞かれました。

お客様「このアイスクリームには何が入っているんですか?
ノジーマ「ええっ…!? 確かこれは……」

ふいにお客様から質問をされて、完全に固まってしまいました。
そうか、陳列されているアイスクリーム全種類の知識を頭に入れておかないと、スムーズに対応できなくなってしまうんですね……。
誰にでもできそうな仕事のようで、実はそんなに簡単ではないということに気が付きました。

サーティワン9
しかしいくら慌てたところで、その場で全種類の説明を覚えられるはずもありません。
こっそりメニューのパンフレットをカンニングしながらどうにか対処しました

1 2 3次のページ
タウンワークマガジンの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。