ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

そら豆しかない時・・・つまむ手がとまらなくなる「極うまディップ」を!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ビールのおつまみや炊き込みご飯にしてもおいしい、そら豆。ちょっとしたひと手間で、もっと満足感のある「そら豆料理」ができたら……。

ここでは「しかない料理研究家」の五十嵐豪が、そんなニーズに応えましょう!

★しかない料理のルール

①主な食材は、そら豆のみ

②基本的な調味料を使うのはOK(台所に常備しているレベル、またはコンビニなどで普通に購入できるもの)

③とにかく簡単であること!

食欲がすすむ
簡単ディップのつくり方

冷蔵庫にそら豆しかないときにオススメしたい料理は、激うまのディップです。素材のおいしさを十分に引き出してくれますよ。

【材料:作りやすい分量】
Aみそ     大さじ2
Aはちみつ   大さじ1
Aかつお節   ひとつまみ
Aラー油    小さじ1/4
そら豆     適量

【作り方】

①Aを混ぜる。
②そら豆を皮ごと1000Wのオーブントースターで8~10分焼く。
③皮から取り出し、食べるときに①をディップする。

※かつお節は入れすぎると主張が強くなるので、ひとつまみ程度がオススメ。

みそやかつお節の風味がはちみつの甘みと合わさり、ラー油の辛さがアクセントに。火も使わないので、ささっと作れるのが嬉しいですよね。

そら豆をつまむ手がとまらなくなるほど食欲が湧くディップソースは、一度試してみる価値ありです。

関連記事リンク(外部サイト)

新じゃがしかない時・・・簡単ジャガイモガレットをつくろう
缶詰だけでOK!家呑みに「和風アクアパッツァ」はいかが?
白玉で作れる「もちもち、とろ〜り」なチョコ餅がクセになる!

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP