ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

暑すぎてフラフラ。夏バテから脱却するには“ビタミンB1”

DATE:
  • ガジェット通信を≫

まだまだ夏は始まったばかりなのに、もう夏バテなんて方もいるのでは? 暑い夏は食欲も落ちてしまって、何とか食べられるそうめんだけの食事が続いてしまったり。でもそれでは、栄養不足から、さらに夏バテが加速するばかり。こんなんじゃだめ! という時にぜひ摂って欲しい栄養素は“ビタミンB1”なのです。

こんな生活は夏バテを招きやすい!

全身がだるくて疲れやすい、食欲がでないなどが夏バテの症状です。暑さで体力を消耗してしまうのも夏バテの原因ですが、自律神経の切り替えがうまくいかずに乱れてしまうことで、夏バテになってしまうのです。例えばクーラーが効きすぎた部屋に長時間いることも夏バテの原因となってしまいます。涼しいのはいいのですが、外気温との差が5℃以上になると、自律神経が乱れやすいのです。また、暑いからと言って、冷たいジュースをがぶ飲みするのも夏バテのもと。胃腸の働きが悪くなり消化機能が低下してしまいます。夏は食欲が出ないからと言って、そうめんなどの食事に偏りがちですが、栄養が偏ることで、体はさらに弱ってしまいます。

そんな時こそ“ビタミンB1”を摂ろう!

夏バテしちゃったときに、ぜひおススメしたい栄養素はビタミンB群です。ビタミンB群の働きは、糖質(炭水化物)、脂質、タンパク質といった三大栄養素の代謝を促進すること。がんばって栄養を摂っても、ビタミンB群がないときちんと消化・吸収されないのです。中でもビタミンB1をおススメするのは、ビタミンB1が糖質(炭水化物)を代謝する役割があるから。そうめんやうどんなど麺類に偏りがちな食事では炭水化物が多くなります。炭水化物は体を動かすために必要な栄養素ですから、ビタミンB1を摂ることでエネルギーとなり、夏バテから脱却できるのです。

“ビタミンB1”を多く含む食品は? 暑い夏はどうやって摂る?

ビタミンB1を多く含むのは、豚肉(ヒレ肉、モモ肉)やウナギ、種実類など。でも、ただでさえ夏バテで食欲がないのに、お肉をガッツリというのはちょっと、という方もいらっしゃるでしょう。カシューナッツやピスタチオ、そして大豆などの種実類にもビタミンB1は多く含まれています。暑くて食欲がないなら、大豆製品の冷奴を食べてみてはいかがでしょうか。冷奴には薬味のネギを乗せて食べることが多いと思います。ネギに含まれるアリシンには、ビタミンB1の吸収を促進する効果があります。夏バテの時は、ぜひ試してみてくださいね。

writer:岩田かほり

カラダにキク「サプリ」の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP