ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

刑法各論は何条から始まるのか?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Q.

 刑法は、大きく第1編「総則」と第2編「罪」から構成されています。刑法総則の最後の条文は、加重減軽の順序を定めている第72条です。
 また、刑法各論の具体的罪のトップは内乱罪であり第77条となっています。

 では、講学上刑法各論は何条から始まっていると考えるのが正しいのでしょうか?

(1)73条
(2)77条

A.

正解(1)73条

 刑法各論は、第1章「削除」、「第73条から第76条まで削除」と記載しています。したがって、講学上、刑法各論は73条から始まっていると考えられています。
 「削除」とあるだけで、条文は生きているということです。あまり意味のないことですが。

 では、第1章(73条~76条)は何を規定していたかというと、「皇室に対する罪」です。
 いわゆる大逆罪・不敬罪などを規定していましたが、昭和22年に、GHQの国民主権と反するものであるとの指導により削除されました。

元記事

刑法各論は何条から始まるのか?

関連情報

法、納得!どっとこむの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP