体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

関西空港からわずか2時間!チャーター便で行くロシアへの旅(第2回)

Photo credit:新田浩之

Photo credit:新田浩之

こんにちは、Compathy Magazineライターの新田浩之です。

今回はウラジオストクの街並みをご紹介しましょう。日本から飛行機で2時間とは思えない、垢抜けた雰囲気が特徴のウラジオストク。周辺のアジア諸国にはないヨーロッパ、ロシアらしさを感じることができます。

「ロシアらしさ」を満喫できるウラジオストク

空港近くのホテルからタクシーで飛ばすこと1時間、ウラジオストクの中心地に朝9時に到着。朝食を簡単に済ませ、さっそく歩いて街をまわってみることにしました。

まず最初に目に飛び込んできたのは大きな銅像と大きな広場。中央広場にはロシア革命を記念した赤軍の像が立っています。ロシアにはこの類の銅像が多く、もちろんウラジオストクも例外ではありません。

Photo credit:新田浩之「チャーター便で行くロシア極東の旅 ウラジオストク」

Photo credit:新田浩之「チャーター便で行くロシア極東の旅 ウラジオストク」
さらに歩いていくと両端にロシアらしい建物が目につきました。箱状の建物で重厚な雰囲気がありますが、色はスカイブルーなど、華やかなのものでデザインされています。

ウラジオストクも他のロシアの街と同様に、ヨーロッパと似ているようで少し異なる独特なロシアスタイルが楽しめます。
Photo credit:新田浩之「チャーター便で行くロシア極東の旅 ウラジオストク」

Photo credit:新田浩之「チャーター便で行くロシア極東の旅 ウラジオストク」
ウラジオストク駅から歩くこと約15分。C-56潜水艦博物館など見所スポットが集結するエリアに到着しました。まずはC-56潜水艦博物館へ。もともとウラジオストクは軍港として発展し、ソ連時代は「閉鎖都市」として、ロシア人ですら立ち入りが厳しく制限されていました。ウラジオストクにはこのような潜水艦が多数配備されていたのです。

潜水艦の中に入ると「これでもか」というほど、第二次世界大戦の活躍などが展示されていました。ロシアの歴史博物館は、なぜか第二次世界大戦の活躍を強調する場所が多い印象があります。展示物をササッと見てから、今でも使用されている潜水艦内部を見学できるコーナに移動しました。

Photo credit:新田浩之「チャーター便で行くロシア極東の旅 ウラジオストク」

Photo credit:新田浩之「チャーター便で行くロシア極東の旅 ウラジオストク」
潜水艦はまるで映画のセットのような雰囲気が漂い、迫力満点。ただ、軍事用ということもあり、インテリアは殺風景で明らかに居住性は悪いです。私だったら、このような場所で生活するのは無理だと思いました。

C-56潜水艦博物館の前には第二次世界大戦で亡くなった兵士の名前を記した大きな石碑があります。鎌とハンマーのソ連の紋章もあり、ウラジオストクで一番「ソ連」らしさを感じられるスポットです。

C-56潜水艦博物館の出口付近に行くとでお土産を売っているおじさんに出会いました。お土産品の中にはロシアのクリミア半島「併合」を記念する紙幣のセットがあり、そのおじさんは「クリミア半島はプーチンが取り戻した。それを記念する紙幣だよ」と、記念紙幣100ルーブルを指差して、誇らしげに言っていました。私は昨年12月にウクライナを訪れているので、内心複雑でした。同時に、ロシアの広大さを身を持って体感しました。
Photo credit:新田浩之「チャーター便で行くロシア極東の旅 ウラジオストク」

1 2次のページ
Compathyマガジンの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会