ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

松嶋菜々子 娘を年間400万円バレエ留学へ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 7月21日スタートのドラマ『営業部長 吉良奈津子』(フジテレビ系)に出演している松嶋菜々子(42才)。連ドラ主演としては3年ぶりで、出産と育児休暇を経て、職場復帰する広告代理店の元売れっ子クリエーティブディレクターという役どころだ。

「当初の予定よりクランクインがずれ込んでしまったので、かなりハードなスケジュールで撮影を進めています。時には早朝から夜遅くまでかかってしまうこともあるんですが、疲れを見せることなく現場ではいつも笑顔ですよ」(ドラマ関係者)

 松嶋菜々子は出産後、子供たちの夏休み中の仕事を極力セーブしてきた。結婚前から出演するドラマシリーズ『救命病棟24時』(フジテレビ系)は特別だが、新規の連ドラ出演は一切断ってきた。

「夏休みにはしっかりと子供と一緒に過ごしたいからと、その一線は絶対に守ってきました。『救命~』には出演していても、撮影は夏にかからないように調整する徹底ぶりでした。だから業界ではこの時期に新規に連ドラ出演の依頼をするのは“タブー”だと認識されていたほどです」(ドラマ関係者)

 その“タブー”が今年初めて解禁されたから「何があったのか」(前出・ドラマ関係者)と話題になるのも当然だ──。

 2001年に反町隆史(42才)と結婚、2人の娘たちは今年それぞれ12才と8才。これまでは家族との時間が最優先の夏を過ごしてきたのに、なぜ今年は仕事を選んだのか。松嶋の知人が明かす。

「お子さんたちが成長してあまり手がかからなくなったというのもありますが、バリバリ働ける時に頑張って教育資金を蓄えたいという考えもあるようです。なんでも、娘さんたちを世界最高峰といわれるイギリスの名門バレエスクールに留学させたいと考えているみたいですよ」

 ホームページを見てみると、全寮制の同スクールは学費や寮費だけで年間400万円。これに衣装代や備品代、日用品代などがかかるという。

「現在、娘さんたちは都内の名門私立小学校に通ってますが、それに加えて黒木瞳さんや君島十和子さんもお子さんを通わせた都内の有名バレエスクールでレッスンの毎日なんです。加えて、留学に向けて月5万円ほどする英語塾にも在籍してるそうです」(前出・松嶋の知人)

 教育熱心で知られる松嶋は、自身も母に厳しく躾けられてきた。

「松嶋さんのお母さんがかなり厳しく、言葉遣いや挨拶、お箸の持ち方といったマナーはもちろんのこと、お菓子の包み紙は畳んでから捨てるとか、ちょっとした所作や身だしなみをたたき込まれて育ったんです。当時は反発することもあったようですが、大人になっていかに大事なことだったかを実感した。娘さんたちにはバレリーナになってほしいというより、バレエが躾の軸になると考えているようです」(別の松嶋の知人)

※女性セブン2016年8月4日号

【関連記事】
松嶋菜々子『家政婦のミタ』高視聴率祈願でスイーツ断ちした
松嶋菜々子 『ミタ』脚本家の結婚披露宴欠席に至るある事件
松嶋菜々子 パブロン3代目キャラ就任で「光栄です」と笑顔

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP