ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

通勤ルートが渋滞→いつもより早く起こしてくれるアプリが登場。

DATE:
  • ガジェット通信を≫

毎日使う目覚まし時計に、こんな機能があったら便利。

「Snorelax」は、数ある交通情報アプリの中でも通勤ルートに特化したもの。こんなサポートをしてくれます。

渋滞状況に合わせて、
目覚まし時計が起動!

必要な準備は4つ。

①起床時間を入力。

②通勤ルートを入力。

③到着したい時間を入力。

④目が覚めてから、家を出るまでに必要な時間を入力。

すると、渋滞データを参照して、目覚ましアラートの時間を自動調整。その後もリアルタイムにデータを参照して、早く家を出るべきか否かを判断して知らせてくれます。

道路状況・天候も、
バッチリ確認できる。

ほかにも、渋滞レベルや通行止めの有無、向こう4日間まで現在地、ルート上、目的地の天候をチェック可能。移動中や着いた先で傘が必要かどうかも知っておきたいですよね。

いまのところ、ヨーロッパ、北米、南米、南ア、オーストラリア、ニュージーランド、サウジアラビア、UAE、台湾で利用可能。エリアは順次拡大予定。料金は1.99ドルです。ダウンロードはコチラから。

車で通勤している人の中には、念のためにと少し早い時間に出発している人も多いでしょう。これがあれば、もうちょっと臨機応変に時間を使えるかもしれません。「電車通勤版」も出て欲しい!

Licensed material used with permission by Snorelax

関連記事リンク(外部サイト)

リリースから5日でユーザー数65万人!世界中で話題のフィルターアプリ「Prisma」
おもちゃの「積み木」にAR(拡張現実)技術を投入したらこんな感じ
縦列駐車や車庫入れが驚くほどラクになる!360度「どんな方向」にも走れるタイヤがすごい

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP