体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【香港旅行】30分で離島へ! 世界一の超高層ビル群とゆったり南国ビーチの欲張り旅を楽しめちゃうよ!

TOP

今年も半分終わって、少し現実逃避したくなる時期です。どこか遠くへ行きたい、非日常を求めるにはもう国外だ! と、手軽に行ける外国“香港”へ行ってきました!

香港は日本から飛行機で4時間程度。国内でも少し遠くまで行けばこのくらいかかってしまいますよね。数時間で外国なんて、短時間で日常から離れたい人にぴったり。日本で最多の1日20便以上の香港ルートを運航しているキャセイパシフィック航空なら到着時間も自分のライフスタイルに合わせてスケジュールを組めるので便利です。

ビル ビル2

香港は150m以上の超高層ビルやマンションが密集して乱立する世界一の都市。100m以上のビルやマンションも入れると数千棟という、ニューヨークや東京は足元にも及ばない、超高層文化が発達した都市なんです。

香港には地震がないのでこんなに高層化したのだとか。日本人からすると不安になるほどの密集度、高層度! 日本では見ることができない光景ないので、外国に来た感がありますね。

DSC03903 ビル1

風水が根付いている文化のため、金ピカだったり、龍の通る道としてポッカリと中央に穴の空いたマンションも!

20160704_224131

夜になると更にその威力を発揮! 世界3大夜景の1つとして「100万ドルの夜景」と言われる香港の夜景。2015年の英国のシンクタンク レガタムの繁栄指数でも世界一安全な国に選ばれており、夜遅くまで営業しているお店も多いので、夜を満喫しなきゃ損! ランドマークタワーとしてそびえるIFCでは、毎夜ライトアップショーも行われています。

DSC03985 夜景

夜景は今年4月にオープンしたレストラン『Seafood Room』から。高すぎるビルの上から見下ろすよりも、夜景に入り込めるような高さがベスト。

DSC04351 DSC04347

香港の都市部にはブランドショップもあったり、乾物屋やストリートフードなど、少しノスタルジックなアジアも体験できます。

高層ビルが立ち並ぶ異空間でショッピングや食べ歩きができる香港島や九龍半島も楽しいのですが、香港の魅力は手軽に離島にも行けること!

都会とのんびりとした島旅、両方楽しめるところが香港旅行の醍醐味

のどかな暮らしを見ることができる「ラマ島」や、様々なアクティビティーも楽しめる「長洲島」(チュンチャウ島)など、香港にはたくさんの離島があり、香港島から船で30分程度でいろんな島に渡ることができます。

DSC04049

今回は香港島の中環(セントラル)からスターフェリーでランタオ島へ。降り立つとそこは南国の島。いや、香港島も変わらず暑いので南国の島なのですが、なんというか、めちゃくちゃのどか!

DSC04032
1 2 3次のページ
nonの記事一覧をみる

記者:

アニメや可愛いものが大好き。主にOtajoで執筆中。

ウェブサイト: http://otajo.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。